メインメニューを開く

元氏(げんし、生没年不詳)は、東魏の権臣高澄の妻で、東魏の孝静帝の妹。北斉が建てられ、高澄が文襄帝と追号されるとともに文襄皇后(ぶんじょうこうごう)の号を贈られ、死後に敬皇后(けいこうごう)とされた。本貫河南郡洛陽県

経歴編集

清河王元亶の娘として生まれた。穏やかで優しい性格の美女であった。北魏孝武帝のとき、馮翊公主に封ぜられ、また高澄に嫁いで嫡男・高孝琬と娘2人をもうけた。

高澄と死別後、550年に亡夫の弟・高洋(文宣帝)によって北斉が建てられると皇后の号を贈られ、静徳宮に住んだ。孝琬は河間王に、長女は楽安公主に、次女も公主に封じられた。

555年、精神状態が悪化した文宣帝は元氏の財産を奪い、「我が兄(高澄)は昔、我が妻を犯した。私は今、その仕返しをするのだ」と言って、元氏を犯した。文宣帝は親疏を問わず、高氏の家族の女性たちに目の前で乱交させた。葛を綱にして、魏の安徳公主(清河王元懌の娘で元氏のおば、もと孝武帝の愛人)を馬乗りにさせて人に引かせ、また胡人に命じて辱めさせた。文宣帝は自らそのさまを見せて、臣下たちに示した。

武平年間に死去し、高歓の義平陵に従葬された。

伝記資料編集