メインメニューを開く

斉藤正行

斉藤 正行(さいとう まさゆき、奈良県生駒市出身、1978年1月21日生まれ)は介護コンサルタント、実業家評論家。株式会社日本介護ベンチャーコンサルティンググループ代表取締役。

目次

経歴・主な役職編集

経歴編集

2000年3月に立命館大学 経済学部を卒業する。卒業後、株式会社ベンチャーリンクに入社(2000年4月)し、飲食業のコンサルティング、事業再生などを手掛ける。
2003年5月に、メディカル・ケア・サービス株式会社[1]に入社する。そこで、「愛の家」ブランドでグループホーム(認知症対応型共 同生活介護)を全国に展開。自らグループホーム事業の立ち上げを行い、現在の運営管理体制、営業スキームを構築し、ビジネスモデルを確立させた。2005年8月に、取締役運営事業本部長に就任する。(2006年8月名証セントレックスに上場)
2010年5月に株式会社日本介護福祉グループへ入社し、2か月後の7月には取締役副社長に就任する。この時、「茶話本舗」ブランドでデイサービス通所介護事業所)を全国にフランチャイズ展開をする。同年12月に一般社団法人日本介護ベンチャー協会を自ら設立し、代表理事に就任する。
2013年8月に株式会社日本介護ベンチャーコンサルティンググループを設立し、代表取締役に就任する。
その後、2018年4月に株式会社ピースフリーケアグループ 代表取締役に就任する。

主な役職編集

  • 一般社団法人日本介護ベンチャー協会 代表理事[2]
  • 一般社団法人日本介護協会(介護甲子園) 副理事長[3]
  • 一般社団法人日本デイサービス協会 理事・事務局長[4]
  • 一般社団法人日本在宅介護協会東京支部 監事
  • 一般社団法人全日本業界活性化団体連合会 専務理事[5]

メディア出演編集

テレビ編集

ネット編集

  • 自民党・Café Sta
  • 私が変えます、介護業界問題![6]

新聞編集

  • 保険適用化 業界に賛否「お泊りデイ」介護続々(読売新聞
  • 「介護ベンチャー協会」設立 業界を人材集う場に(読売新聞)
  • お泊りデイ「必須サービス」介護家族に待望論(産経新聞
  • 介護の迷路 安心して老いるために(日本経済新聞
  • 株式会社ワールドステイとの業務提携(日本経済新聞)
  • 介護ベンチャー特集(日本経済新聞)
  • 若手の介護経営者 学生向け魅力発信「介護ベンチャー協会」設立(日本経済産業新聞)
  • 介護事業経営者介護ベンチャー協会を設立(日本経済産業新聞)
  • 新人脈地脈 日本介護ベンチャー協会 学生と交流、魅力を発信(日本経済産業新聞)

雑誌・インターネット出版編集

書籍・出版編集

  • 「エスペランサ希望」 日本医療企画社(2013年3月)

業務提携編集

脚注編集

参考資料編集