メインメニューを開く

斎太郎節(さいたらぶし)は宮城県民謡。元は松島湾一帯で歌われた大漁唄。大正~昭和にかけて後藤桃水が他の唄とともに「大漁唄い込み」としてまとめ、全国的に有名になった。元は南部民謡「鋳銭坂」による銭吹き唄であるとされる。

歌唱した著名歌手編集