メインメニューを開く

斜里錦 菊三(しゃりにしき きくぞう、本名:京堂 菊三(きょうどう きくぞう)、1917年7月12日 - 1950年1月22日)は、北海道斜里郡斜里町出身で、1930年代末から1940年代にかけて活躍した大相撲力士二所ノ関部屋に所属した。最高位は西前頭18枚目(1943年1月場所)。現役時代の体格は173cm、102kg。得意手は右四つ、押し[1]

来歴編集

18歳の時に上京し、二所ノ関部屋へ入門。1936年1月場所で初土俵を踏んだ[1]

入門時から最初の師匠である横綱・玉錦に期待され(四股名は、出身地の斜里郡斜里町と師匠の四股名に由来)、1936年5月場所で序ノ口に付いてから勝ち越しを続け、1939年1月場所で新十両に昇進した。ところがその場所直前に応召され、約3年の期間を経て1942年1月場所より角界に復帰した。

復帰後も勝ち越しを続け、1943年1月場所で新入幕を果たす[1]が、4勝11敗と大きく負け越して1場所で十両に逆戻り。以降は再入幕を目指し十両で奮闘するも、終戦直前に再び応召されたり、病気に罹ったりした事もあって幕内復帰は叶わなかった。

体力の衰えと病に伴って番付も徐々に下がり、最後は三段目18枚目まで陥落して1949年5月場所限りで廃業[1]。翌1950年1月22日、病気のため32歳で死去した。

主な成績・記録編集

  • 通算成績:92勝90敗35休 勝率.504
  • 幕内成績:4勝11敗 勝率.267
  • 現役在位:27場所
  • 幕内在位:1場所
  • 各段優勝
    • 序二段優勝:1回(1937年1月場所)

場所別成績編集

           
斜里錦 菊三
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1936年
(昭和11年)
(前相撲) x 西序ノ口9枚目
5–1 
x
1937年
(昭和12年)
東序二段10枚目
優勝
6–0
x 東三段目6枚目
6–1 
x
1938年
(昭和13年)
東幕下21枚目
9–4 
x 東幕下3枚目
4–3 
x
1939年
(昭和14年)
東十両15枚目

応召
 
x 十両

応召
 
x
1940年
(昭和15年)
十両

応召
 
x 十両

応召
 
x
1941年
(昭和16年)
十両

応召
 
x 十両

応召
 
x
1942年
(昭和17年)
十両
10–5 
x 東十両6枚目
9–6 
x
1943年
(昭和18年)
西前頭18枚目
4–11 
x 東十両6枚目
4–3–8 
x
1944年
(昭和19年)
東十両6枚目
7–8 
x 西十両7枚目
5–5 
東十両6枚目
4–6 
1945年
(昭和20年)
x x 西十両8枚目

応召
 
十両
5–5 
1946年
(昭和21年)
x x x 東十両7枚目
6–7 
1947年
(昭和22年)
x x 西十両9枚目
4–6 
西十両10枚目
3–8 
1948年
(昭和23年)
x x 東幕下筆頭
1–5 
西幕下16枚目
0–6 
1949年
(昭和24年)
西三段目14枚目
休場
0–0–12
x 東三段目18枚目
引退
0–0–15
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

脚注編集

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p35

関連項目編集