< 1949年 | 1949年のスポーツ

1949年の相撲(1949ねんのすもう)は、1949年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲編集

できごと編集

  • 1月、春場所、浜町仮設国技館で13日間。東富士が新横綱に昇進し、4横綱となる。
  • 5月、夏場所、浜町仮設国技館で15日間。番付に呼出、世話人の名が載る。幕内優勝、三賞受賞者がすべて出羽海部屋所属であった。場所後の番付編成会議で千代ノ山の大関昇進決定。
  • 10月、秋場所、大阪仮設国技館で15日間。横綱・前田山が本場所を休場して帰京、後楽園球場で野球を観戦して問題に。千秋楽、出場停止処分となり引退を発表。二枚鑑札で襲名していた年寄高砂専任となる。場所後の番付編成会議で汐ノ海の大関復帰が決まる。
  • 12月、蔵前国技館の上棟式。

本場所編集

  • 一月場所(浜町仮設国技館、12~24日)
    幕内最高優勝 : 東冨士謹一(10勝2敗1分,2回目)
    • 殊勲賞-三根山、敢闘賞-國登、技能賞-栃錦
    十両優勝 : 鳴門海一行(9勝4敗)
  •  五月場所(浜町仮設国技館、15~29日)
    幕内最高優勝 : 増位山大志郎(13勝2敗,2回目)
    • 殊勲賞-千代ノ山、敢闘賞-羽島山、技能賞-五ツ海
    十両優勝 : 大昇充宏(11勝4敗)
  • 十月場所(大阪仮設国技館、9~23日)
    幕内最高優勝 : 千代ノ山雅信(13勝2敗,1回目)
    • 殊勲賞-鏡里、敢闘賞-鏡里、技能賞-栃錦
    十両優勝 : 琴ヶ濱貞雄(11勝4敗)

誕生編集

死去編集

出典編集

  1. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 186頁
  2. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 188頁
  3. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 178頁
  4. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 187頁
  5. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 190頁
  6. ^ 「平成26年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑」『相撲』2014年5月号別冊付録、ベースボール・マガジン社、 5頁。
  7. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 9頁
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 26頁
  9. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 47頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 70頁

参考文献編集

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p41