メインメニューを開く

矢巾町(やはばちょう)は、岩手県のほぼ中心部に位置する紫波郡に属するである。幣懸(ぬさかけ)の滝・南昌山矢巾温泉徳丹城跡など、町内に名所旧跡は多い。

やはばちょう
矢巾町
Flag of Yahaba Iwate.JPG Emblem of Yahaba, Iwate.svg
矢巾町旗 矢巾町章
1957年9月15日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
紫波郡
団体コード 03322-7
法人番号 1000020033227
面積 67.32km2
総人口 27,839[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 414人/km2
隣接自治体 盛岡市紫波郡紫波町岩手郡雫石町
町の木 まつ
町の花 ゆり
町の鳥 かっこう
矢巾町役場
町長 高橋昌造
所在地 028-3692
岩手県紫波郡矢巾町大字南矢幅第13地割123番地
北緯39度36分21.6秒東経141度8分34.6秒
Yahaba town hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

矢巾町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

盛岡市南部に隣接するベッドタウンとしての開発が進み、盛岡市ロードサイド商業地区と接する。過疎化が深刻な岩手県において滝沢市と共に人口増加が進む自治体である。平成22年国勢調査によると人口密度は県下一である。

地名の「矢巾」の由来についてはいくつかの説がある[1]

地理編集

位置・地勢編集

県中央部に位置し、盛岡市の南10km地点に位置し、稲作に適した自然条件をそなえた県央の穀倉地帯である。

地勢は、中央部は平坦地で、東は一部除き北上川で区切られ、北は盛岡市、西は奥羽山系に続き岩手郡雫石町、南は紫波町に接する。

気候編集

典型的な内陸性気候で、夏暑く、冬寒いが比較的温和である。

人口編集

 
矢巾町と全国の年齢別人口分布(2005年) 矢巾町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 矢巾町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
矢巾町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

沿革編集

行政編集

町の施設編集

  • 町公民館「田園ホール」
  • 町体育館

警察編集

消防編集

ナンバープレート編集

矢巾町はこれまで「岩手」ナンバー(岩手運輸支局)が割り当てられていたが、2014年11月17日からご当地ナンバーである「盛岡」ナンバーが交付されている。

岩手ナンバー割り当て地域(~2014年11月16日)
  • 岩手県内全域
盛岡ナンバー割り当て地域(2014年11月17日~)

産業編集

古くから徳田米の産地として有名である。また東部(藤沢地区)や北部(広宮沢地区)に、工業団地や流通センターを有する。

  • 主な産業
  • 産業人口

郵便局編集

  • 矢幅郵便局(集配局)
  • 岩手流通センター内郵便局
  • 徳田郵便局
  • 不動郵便局
  • 上矢次簡易郵便局

スポーツ・文化編集

スポーツ編集

文化施設編集

  • 矢巾町文化会館 - 愛称は「田園ホール」。県内初の本格的音楽ホールである。町民による手作り舞台「矢巾町民劇場」の公演が毎年2月に上演される。地元にゆかりのある題材が選ばれており、2004年の第8回公演では地元出身で旧制盛岡中学校で宮沢賢治の友人だった藤原健次郎を扱った作品が上演された。
  • 矢巾町歴史民俗資料館徳丹城跡に併設)

姉妹都市・友好都市編集

地域編集

施設編集

名所・旧跡・観光スポット編集

マスコミ編集

TVチャンネル・ラジオ周波数編集

矢巾町内放送送信所
当町には在盛AMラジオ主幹送信所(盛岡親局)が置かれている。

教育編集

大学編集

  • 岩手医科大学矢巾キャンパス。医学部、歯学部、薬学部、併設、(全国唯一)

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

  • 矢巾町立矢巾東小学校
  • 矢巾町立徳田小学校
  • 矢巾町立煙山小学校
  • 矢巾町立不動小学校

学校教育以外の施設編集

交通編集

出身有名人編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『岩手県史 第五巻 近世篇 2』岩手県、1963年1月30日。
  • 『矢巾町文化財報告書第31集』岩手県紫波郡矢巾町教育委員会、2003年2月28日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 3 岩手県』角川書店、1985年。ISBN 4-040-01030-2
  • (有)平凡社地方資料センター『日本歴史地名大系 第3巻 岩手県の地名』平凡社、1990年7月13日。ISBN 4-582-91022-X

外部リンク編集