新アッシリア王国

新アッシリア
𒆳𒀸𒋩𒆠
中アッシリア 前934年 - 前609年 新バビロニア
メディア王国
エジプト第26王朝
新アッシリアの位置
新アッシリアの支配域(緑)
公用語 アッカド語アラム語
首都 アッシュール(前911年-前879年)
カルフ(前879年-前706年)
ドゥル・シャルキン(前706年-前705年)
ニネヴェ(前705年-前612年)
ハラン(前612年-前609年)
君主
前911年 - 前891年 アダド・ニラリ2世
前612年 - 前609年アッシュール・ウバリト2世
面積
前670年1,400,000km²
変遷
ニネヴェの戦い 前612年
ハラン包囲戦前609年

新アッシリアアッカド語: 𒆳𒀸𒋩𒆠, ラテン文字転写: māt Aššur)は、紀元前934年から紀元前609年までメソポタミアに存在した多民族国家

歴史編集

前史編集

アッシリアは、紀元前25世紀に成立した国家の一つであった。初期の王であったトゥディヤ英語版は、比較的小国の君主であったがアッカドサルゴンに服属してその属国となった。サルゴンはメソポタミアに居住していたアッカド語シュメール語を話す民族をすべて統一して、単一の支配下に置いたが、その過酷な政策により、約200年後の紀元前2154年にアッカドは滅亡した。古アッシリア英語版滅亡後の紀元前1392年英語版中アッシリア英語版が成立した。

新アッシリアの興亡編集

中アッシリアも古アッシリアと同様、過酷な統治のために紀元前934年に新アッシリアに継承された。新アッシリアは互いに起源が異なる複数の民族と部族で構成され、被征服民族を自領に組み込んで再編した[1]。アッシリア人は国家支配に欠かせない初期の技術を完成させ、その多くは後の各国家で標準となった。多くの歴史家によると、新アッシリアは歴史上最初の真の帝国であったとされる。アッシリア人鉄器で武装した最初の民族であり、その軍隊は高度で効果的な戦術を採用した。紀元前10世紀後半のアダド・ニラリ2世の征服[2]に続いて、アッシリアは当時地球上で最も強大な国家として浮上し、バビロニアエジプトウラルトゥエラムを制圧し近東アナトリアカフカス北アフリカと地中海東部の覇権を握って支配した。特に紀元前8世紀のティグラト・ピレセル3世の治世に至って最盛期となり、広大な版図を誇った。この期間中、アラム語はアッカド語と並んで新アッシリアの公用語になった。アッカド王サルゴンの政策と非常によく似た被征服民への過酷な抑圧と、紀元前631年アッシュールバニパルの死後数年で引き起こされた内紛[3]が打ち続いたため、新アッシリアは崩壊し始めた。紀元前616年メディアペルシア人の王であるキュアクサレス2世は、バビロニア人とカルデアの支配者ナボポラッサルと、また新アッシリアに対するスキタイキンメリア人との同盟を結んだ。紀元前612年、メディア・新バビロニア・スキタイ・キンメリアを含む西アジア諸勢力の連合軍に敗北し、都ニネヴェが陥落した[3]紀元前609年、新アッシリアとその同盟国であったエジプトはメディアと新バビロニアの連合軍に打ち破られ、アッシュール・ウバリト2世の逃亡先であったハランも陥落した(ハラン包囲戦英語版)。その後、ハランを奪回しようと試みるも失敗し、アッシリアは独立国家としての地位を喪失した。新アッシリアもまた、先に存在していた古アッシリアと中アッシリアの滅亡の教訓に学ばず、結局は滅亡した。新アッシリアは崩壊したが、アッシリアの歴史は続いた。現在、アッシリア人はイラン・イラクおよびその他の地域に居住している。

出典編集

  1. ^ 古畑 2005, p. 69
  2. ^ 青島 2015, p. 17
  3. ^ a b アッシリア” (日本語). コトバンク. 2020年7月11日閲覧。

参考資料編集