メインメニューを開く
国道201号標識

新仲哀トンネル(しんちゅうあいトンネル)は、福岡県田川郡香春町京都郡みやこ町に跨る仲哀峠を貫く国道201号トンネルである。

目次

概要編集

「新仲哀トンネル」は1967年(昭和42年)に開通した2代目と2007年(平成19年)に開通した3代目が存在する。

現在の新仲哀トンネル編集

この峠は1日の交通量が2万台に達する交通の要所である。交通量の増加に伴い、1967年(昭和42年)開通の新仲哀トンネルの南隣に全長1365m、幅11m(道路幅員14m)、片側1車線で歩道のある「新仲哀トンネル」が建設された。トンネルには歩道が設けられており、旧トンネルと比較して道幅も拡大されている。工事は1990年(平成2年)に開始され、2005年(平成17年)に貫通。貫通から2年後の2007年(平成19年)3月5日に開通し現在に至る。

1967年開通の新仲哀隧道編集

仲哀峠行橋市田川市の中間に位置する峠で、京築地域と筑豊地方を結ぶ交通の要所である。新仲哀トンネル開通前は明治時代に開通したヘアピンカーブが続く狭い峠道を通り、頂上付近の仲哀隧道を通過しなければならなかった。その上、戦後の高度成長期の到来で交通量が増加してきたことにより、旧道より標高の低い位置に新道トンネルが建設された。この新道は2車線で、カーブを少なくしたルートであったため所要時間の短縮にもつながった。

この新道トンネルは1967年に開通し、3代目のトンネルが開通するまでの40年に渡り交通の要所としての役割を担った。しかし、時代が平成に入ると交通量はさらに増大し、歩道がなく歩行者や二輪車が危険にさらされるという問題が浮上したため、歩道付きで現道よりも広い新道トンネルの計画が発表された。2007年3月5日に3代目の新仲哀トンネルが開通したため、2代目のトンネルは閉鎖された。

歴史編集

  • 1889年(明治22年) - 旧仲哀トンネルが開通する。
  • 1912年(大正元年)[元号要検証] - 旧仲哀トンネルの拡幅工事が成される。
  • 1963年(昭和38年) - 日本専売公社(現・日本たばこ産業)の職員が殺害される事件(一連の西口彰事件のうちの1つ)が起こる。
  • 1967年(昭和42年) - 全長1220mの新仲哀トンネルが開通。旧道が国道から外される。
  • 1999年(平成11年) - 旧仲哀トンネルが登録有形文化財に登録される。この頃に旧道トンネルが閉鎖される。
  • 2007年(平成19年) - 新仲哀トンネルが開通。

周辺編集

外部リンク編集