メインメニューを開く

新庄 直好(しんじょう なおよし)は、江戸時代大名常陸麻生藩の第3代藩主。2代藩主新庄直定長男日野資友の娘。正室は佐久間安政の娘。子に直常(長男)、直矩(次男)、娘(新庄直時継室)。官位は従五位下越前守。

 
新庄 直定
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長4年(1599年
死没 寛文2年7月22日1662年9月4日
官位 従五位下越前
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光家綱
常陸麻生藩
氏族 新庄氏
父母 父:新庄直定、母:日野資友の娘
兄弟 直好直之直治
正室佐久間安政の娘
直常直矩、娘(新庄直時継室)
養子直時

生涯編集

慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で父と共に徳川方として従軍し、功を挙げた。元和4年(1618年)、父の死により家督を相続し、常陸麻生藩の第3代藩主となった。3代将軍徳川家光が上洛する時は甲府城を守備している。

承応3年(1653年)に長男・直常が早世した後、62歳という高齢になってようやく次男・直矩が生まれたが、直矩が幼いうちに自身が死去した。このため、家督は従弟の直時が継ぎ、実子の直矩は成長してから家督を継ぐこととなった。