メインメニューを開く

新撰字鏡』(しんせんじきょう)は、平安時代に編纂された漢和辞典字書の名。

概要編集

平安時代昌泰年間(898年901年)に僧侶・昌住が編纂したとされる。現存する漢和辞典としては最古のもの。

892年寛平4年)に3巻本が完成したとされるが、原本や写本は伝わっていない。3巻本をもとに増補した、12巻本が昌泰年間に完成したとされ、写本が現存する。12巻本には約21,000字を収録。

また、和訓をつけた漢字だけを抜き出した抄録本も伝わっている。

長く忘れ去られた書物であったが、18世紀後半に再発見され、1803年に刊行された(享和本)。しかしこれは抄録本であり、後により原本に近い天治元年(1124年)の写本が発見された。古い和語を多く記しており、日本語の歴史の研究上できわめて重要である。また、平安時代になると失われた上代仮名遣いのうちコの甲乙を区別していることでも知られる[1]

構成編集

漢字を160の部首に分類し、巻頭に部首の一覧を付している。部首内の漢字は規則的に配列されてはおらず、同じ部首を持つ熟語では、二文字をひとつの項目として扱っている。読みを反切で示してから、字義を類義の漢字で説明するほか、万葉仮名で和訓を付けているものもある。天治本の場合、和訓の付いた字は3,000字以上ある。

本居宣長は『玉勝間』の中で「あつめたる人のつたなかりけむほど、序の文のいと拙きにてしるく」「其字ども多くは世にめなれず、いとあやし」(巻14)という酷評をしているが、著者は部首分けの上で部類立ての字類のようなものを構想していたとみられ、配列上の混乱は彼の独創性の裏返しであったと見られている[2]

影印本編集

  • 『天治本新撰字鏡 増訂版』 - 京都大学文学部国語学国文学研究室編、臨川書店

脚注編集

  1. ^ 有坂秀世「新撰字鏡に於けるコの仮名の用法」『国語音韻史の研究』、1957年、131-144頁。(もと『国語と国文学』1937.1)
  2. ^ 井上亘「古代の学問と『類聚』」(所収:笹山晴生 編『日本律令制の展開』(吉川弘文館、2003年ISBN 978-4-642-02393-1

外部リンク編集