新明正道

新明 正道(しんめい まさみち、1898年2月24日 - 1984年8月20日)は、日本社会学者。独自の立場から綜合社会学を創設。東北大学社会学講座主任教授として、長らく日本の社会学をリードした。家永三郎の義父。

新明 正道
生誕 (1898-02-24) 1898年2月24日
死没 (1984-08-20) 1984年8月20日(86歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学

目次

人物編集

1946年9月、民族論などの戦前の著作物において、大東亜共栄圏に加担したかどで教授不適格の判定を受け、免官される[1][2]。東北帝大は社会学を講義する教官がいなくなり、社会学の学部生・院生は宗教学講座が引き受ける[1]1947年1948年清水幾太郎が非常勤講師として集中講義をおこなうが、新明が復職できない場合、清水に教授に就任してもらう話がついていた[3]。新明は1950年10月に公職追放が解除、1951年10月に教職追放が解除、11月に大学に復帰、12月より講義を再開しているが、清水は新明の公職追放解除前の1949年3月に非常勤講師を辞職、新明の復職が分からないうちの辞職であり、清水は1948年後半から平和問題談話会の活動などで東京での活動が想定され、仙台への赴任は地理的に大きな制約となり、清水に教授に就任する気がなくなっていた[4]。清水が辞職してから新明が復職するまでは林恵海が非常勤講師を担当した[4]

略歴編集

著書編集

  • 『ソフィストの政治学的研究』内外出版 1921 政治研究
  • 『権力と社会』内外出版 1924
  • 『形式社会学論』巌松堂書店 1928 
  • 『群集社会学』ロゴス書院 1929 ロゴス叢書
  • 『社会学』岩波書店 1929 続哲学叢書
  • 『独逸社会学』日本評論社 1929 社会科学叢書
  • 『欧洲の危機』日本評論社 1931
  • 『社会学序講』大畑書店 1932
  • 『知識社会学の諸相』宝文館 1932  
  • オーギュスト・コント』三省堂 1935 社会科学の建設者人と学説叢書
  • 『国民革命の社会学』最近経済問題叢書 甲文堂書店 1935 
  • 『社会学要講』弘文堂書房 1935
  • 『フアッシズムの社会観』岩波書店 1936
  • 『ゲマインシャフト』刀江書院 1937
  • 『文化の課題』河出書房 1938
  • 『社会学の基礎問題』弘文堂 1939
  • 東亜協同体の理想』日本青年外交協会出版部 1939
  • 『人種と社会』河出書房 1940 
  • 『思想への欲求』三笠書房 1941 
  • 『社会学』朝日新聞社 1941 朝日新講座
  • 『政治の理論』慶應書房 1941
  • 『社会本質論』弘文堂 1942 
  • 『民族社会学の構想』三笠書房 1942
  • 『社会と青年』潮文閣 1943 青年文化全集
  • 『デモクラシー概論』河出書房 1946
  • 『社会学の発端』有恒社 1947 
  • 『国民性の改造』有恒社 1948
  • 『史的民族理論』岩崎書店 1948
  • 『社会学の立場』大濤社 1948
  • 『イデオロギー論考』関書院 1949
  • 『社会学史』有斐閣 1951 社会学選書
  • 『社会学史概説』1954 岩波全書
  • 『民主社会における指導性』民主教育協会 1958 IDE教育選書
  • 『社会学的機能主義』誠信書房 1967
  • 『綜合社会学の構想』恒星社厚生閣 1968 社会学叢書
  • 『ゲマインシャフト』恒星社厚生閣 1970
  • 『社会学における行為理論』恒星社厚生閣 1974 社会学叢書
  • 『現代社会学の視角』恒星社厚生閣 1979
  • タルコット・パーソンズ』恒星社厚生閣 1982
  • 『ワイマール・ドイツの回想』恒星社厚生閣 1984
  • 新明正道著作集』(誠信書房 1976-92年)
第1-3巻 理論 1976-92 
第4-5巻 学史 1979-83
第6巻 知識社会学 1977 
第7巻 政治社会学 1977 
第8巻 民族社会学 1980 
第9巻 群集社会学 1993 
第10巻 地域社会学 1985 
  • 『ドイツ留学日記』山本鎭雄編 時潮社 1997
  • 『新明正道時評集』山本鎭雄編 日本経済評論社 2007

共編著編集

  • 『イデオロギーの系譜学 第1部』大畑書店 1933
  • 『現代知識社会学論』巌松堂書店 1935
  • 『社会学辞典』河出書房 1944
  • 『社会学小辞典』岩崎書店 1950
  • 『基礎社会学』誠信書房 1959
  • 『道徳教育 シンポジウム』編 福村書店 1959
  • 『社会学思想』編 学文社 1973 社会学叢書

翻訳編集

  • ヂー・アール・エス・テイラア『ギルド国家論』大鐙閣 1920
  • バアネス『社会学と政治理論』聚英閣 1925
  • ベルンシュタイン『修正派マルクス主義』訳著 鱒書房 1947 社会思想新書
  • T.パーソンズ『政治と社会構造』監訳 誠信書房 1973-74

記念論集編集

  • 『社会学の問題と方法 新明博士還暦記念論文集』有斐閣 1959

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集