新田 雅史(にった まさし、1973年2月24日 -)は石川県出身の日本柔道家。現役時代は71kg級及び73kg級の選手。身長は171cm[1]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
嘉納杯
1994 東京 71kg級
アジア柔道選手権
2001 ウランバートル 73kg級
世界学生
1994 ミュンスター 71kg級

人物編集

邑知町立邑知中学から津幡高校へ進むと、3年の時に新人体重別71kg級で3位になった[1]

1991年に国際武道大学へ進むと、寝技の名手として知られる柏崎克彦の指導を受けて、2年の時には正力杯で3位、ジュニア体重別では優勝を飾った[2][3]。3年の時には講道館杯で3位となった[4]。4年の時には正力杯で優勝すると、嘉納杯でも2位となった[1][2]世界学生では個人戦で2位、団体戦で3位だった[5]

1995年には京葉ガスの所属となった。1997年にはグルジア国際で優勝すると、体重別ではこの年から3年連続3位となった[6]。1998年からは実業個人選手権の73kg級で3連覇を達成した[7]。2001年の体重別で再び3位になると、アジア柔道選手権では優勝を飾った[6][8]

主な戦績編集

71kg級での戦績

  • 1990年 -全日本ジュニア柔道体重別 3位
  • 1991年 -全日本ジュニア柔道体重別 3位

     -キューバ国際-71kg級  優勝

        -ポーランドジュニア 2位
 1992年 - 正力杯 3位
  • 1992年 -全日本ジュニア柔道体重別 優勝

     -ドイツ国際         5位

     -イタリア国際 2位

73kg級での戦績

      -アジア選手権  5位

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集