新畑 民子(にいはた たみこ、1827年文政10年) - 1908年明治41年))は、幕末から明治にかけての女性公卿一条忠香側室明治天皇皇后である昭憲皇太后の生母。父は一条家典医の新畑種成。院号は花容院。別称は花浦の方

生涯編集

1827年文政10年)、一条家に仕えた典医・新畑大膳種成の娘として生まれる[1]

一条忠香の側室となり、1849年嘉永2年)に後の明治天皇皇后となる美子(昭憲皇太后)を出産する[2]1851年(嘉永4年)に勇君(号は秋月院)を出産するが早世。

1908年明治41年)、死去。墓所は京都府京都市上品蓮台寺

脚注編集

  1. ^ 一条(一條)家(摂家)”. 世界帝王事典. 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ [竹下雅敏氏]気品がある昭憲皇太后 と 下品な替え玉 / 大正天皇の実の父親は大隈重信”. シャンティ・フーラ (2015年11月11日). 2019年2月11日閲覧。