メインメニューを開く
新篠津村営バスの車両(マイクロバス) 新篠津村江別市境界付近にて

新篠津村営バス(しんしのつそんえいバス)は、北海道石狩郡新篠津村が運営している自治体バス廃止代替バス)である。車両や停留所には愛称のニューしのつバスの名称が用いられる。

目次

概要編集

新篠津村内に乗り入れていた北海道中央バス(中央バス)の路線バスが撤退するのに伴い、村が路線を引き継いだ。道路運送法78・79条(旧80条)の適用を受け登録された自家用車を用いて当別町江別市月形町へ運行する。

路線編集

2016年(平成28年)4月1日現在。土曜・日曜・祝日・休校日は全便運休する。

新篠津・当別高校線編集

  • 新篠津役場前 - 浄楽寺 - 沼川 - 基線 - 東裏小学校 - 当別入口 - 樺戸通 - 当別駅前 - 当別高校

1990年(平成2年)より運行。主に北海道道81号岩見沢石狩線の2区画南を経由する。

中央バス当新線(当別ターミナル - 新篠津市街)は、1984年(昭和59年)3月31日時点で8往復運行[1]。1990年(平成2年)4月1日付で廃止されている[2]

江別・月形線編集

1992年(平成4年)より運行。主に北海道道139号江別奈井江線北海道道1121号月形幌向線を経由。全線直通のほか新篠津 - 江別および月形の区間便を運行。

中央バス江別・月形線(江別ターミナル - 新篠津市街 - 月形駅前)は、1984年(昭和59年)3月31日時点で全線直通を5往復、江別 - 新篠津間を4往復、新篠津 - 月形間を1往復運行[1]。新篠津市街 - 月形駅前間は1992年(平成4年)4月1日付で、江別ターミナル - 新篠津市街間は同年4月8日付で廃止されている[2]

村内循環線(廃止)編集

  • 第1・2・5・中央方面:第44線北2号 - しんしのつ温泉(火曜日のみ運転)
  • 第3・4方面:第42線北2号 - しんしのつ温泉 - 第47線北2号(木曜日のみ運転)

2014年(平成26年)度の運行をもって廃止、福祉ハイヤーに代替された[3]

運賃編集

車内にて現金または回数券で精算。回数券は新篠津村役場または車内で発売する。

車両編集

マイクロバスのほか、乗車定員10人以下の普通自動車も使用する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 北海道中央バス四十年史編纂委員会『北海道中央バス四十年史』北海道中央バス、1984年、446頁。
  2. ^ a b 北海道中央バス五十年史編纂委員会『北海道中央バス五十年史』北海道中央バス、1996年、494頁。
  3. ^ 「村内循環バス」の運行終了のお知らせ (PDF)”. 広報新篠津 2015年3月号. 2015年7月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集