メインメニューを開く

新藤 謙(しんどう けん、1927年(昭和2年) - )は、日本の評論家。本名、新藤 兼次郎(しんどう かねじろう)[1]

千葉県生まれ。旧七浦村の七浦小学校卒業[2]。1955年設立のアヴァンギャルド運動団体「製作者懇談会」映画部に所属。『思想の科学』に拠って、NHK受信料不払い運動などから、言論活動を始めた。

著書編集

  • 『現代の映像 物神化を排す』永田書房、1970
  • 『流れ者歌謡考』ブロンズ社、1971
  • 『《私説》戦後歌謡曲』三一書房、1977
  • 『百姓一代 評伝・平田良衛』たいまつ新書、1977
  • 『愛と反逆 評伝・猪狩満直』たいまつ新書、1978
  • 『土と修羅 三野混沌吉野せい』たいまつ社、1979
  • 『日本人の感性 うたについて』三一書房、1979
  • 『日本の流行歌手 東海林太郎からピンクレディまで』三一書房、1979
  • 『私のいわき地図』たいまつ社、1979
  • 『テレビ的思考』三一書房、1980
  • 『権力としてのNHK その不偏不党の思想』三一書房、1981
  • 大宅壮一とその時代』東京書籍 東書選書、1983
  • 『大衆芸能論ノート』無明舎出版、1985
  • 『野の思想家真壁仁』れんが書房新社、1987
  • きだみのる 放浪のエピキュリアン』リブロポート シリーズ民間日本学者、1988
  • 『女性史としての自伝』ミネルヴァ書房、1988 シリーズ「女いま生きる」
  • 『精神の原郷 自伝の少年体験』れんが書房新社、1988
  • 『保守の思想 昭和史・幻想と現実』(福田恆存竹山道雄)田畑書店、1991
  • 『眺める文化と曝される文化』朝文社、1993
  • 『ぼくは悪人 少年鶴見俊輔東方出版、1994
  • サザエさんとその時代』晩声社、1996
  • 『唸る星雲・草野心平土曜美術社出版販売、1997 現代詩人論叢書
  • 木下順二の世界』東方出版、1998
  • 美空ひばりとニッポン人』晩聲社、1998
  • 『「明治的支配」と市民思想 暗い夜を前に松田道雄を読みかえす』田畑書店、2002
  • 『喜劇の精粋抄』勉誠出版、2003
  • 『国家に抗した人びと』子どもの未来社 寺子屋新書、2004
  • 『日本は変ったか 戦後60年と丸山眞男』九条社ブックレット、2005
  • 『昭和動乱と抒情』同時代社、2006
  • 『戦争と文学者の知性 永井荷風野上彌生子渡辺一夫』九条社ブックレット、2006
  • 『兵士の人間性 戦争文学から何を学ぶか』九条社ブックレット、2007
  • 秋山清の詩と思想』土曜美術社出版販売、2008 新・現代詩人論叢書
  • 『国民は本当に主権者か 世論・新聞・国家主義』九条舎ブックレット、2009
  • 石牟礼道子の形成』深夜叢書社、2010
  • 『現代の批判精神 普遍を求めて』九条舎ブックレット 、2011、

参考編集

  • 『保守の思想』著者紹介

脚注編集

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より