メインメニューを開く

新選組群狼伝』(しんせんぐみぐんろうでん)は、2005年2月10日にセガ(後のセガゲームス)から発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。企画・開発はレッドカンパニー(後のレッド・エンタテインメント)が担当。

新選組群狼伝
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 レッドカンパニー(後のレッド・エンタテインメント
発売元 セガ(後のセガゲームス
人数 1人
発売日 2005年2月10日
テンプレートを表示

概要編集

新選組沖田総司を操作して、新選組の隊士1人と組み、京都に蔓延る不逞浪士を退治していくアクションゲーム。

毎回沖田と帯同する隊員一名を選び、浪士と対すると瞬時に矢印が表示され、その方向にレバーを倒すと攻撃を交わし、隙ができて相手へカウンターの連続攻撃する見切りが攻撃の軸となる。ある程度ゲージが溜まると選んだ隊員との合体攻撃とボタンを順に押すことで発動する必殺技、一定時間攻撃力が上がる機能がついている。また、隊員選びにはステータス補助があり、例えば原田左之助を選ぶと攻撃力が大幅に上がるが防御力が下がる。

ストーリーはおおむね史実通りだが、一部のキャラクターに脚色が見られる。また新選組幹部でも山南敬助など登場しない人物がいる。

スタッフ編集

登場人物編集

新選組編集

その他編集

  • 岩田コウ(声:真田アサミ)- 沖田と惹かれあう女性。
  • ナレーション(声:立木文彦)
  • 藤田五郎 - エンディングでコウに沖田の消息の手がかりを教えた。

敵キャラ編集

芹沢派編集

御陵衛士編集

  • 伊東甲子太郎(声:関俊彦
    一度は新選組に取り入るが後に尊攘派に寝返る。作中では坂本竜馬暗殺の直接の計画者。

不逞浪士編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ キャラクター原案をつとめた和月は、本作と近い時期を舞台とした『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を描いている。
  2. ^ 関智一は、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のドラマCDで原田左之助を人物像のモデルとした相楽左之助の声を担当している。

外部リンク編集