メインメニューを開く
地図

新門司マリーナ(しんもじマリーナ)は、福岡県北九州市門司区新門司北周防灘に面するヨットハーバー国土交通省よりしんもじ海の駅として登録されている。

目次

概要編集

北九州市におけるマリンレジャーの拠点として整備され、1991年(平成3年)8月にオープンした。運営は第三セクターの北九州埠頭株式会社および、株式会社ササキコーポレーション(宇部市)が行っている。ボートの設置契約業務を北九州埠頭が、ボートの販売・修理をササキコーポレーション(北九州事業所)が担当している。また、ボートライセンススクールが開催されている。2015年3月末まで日産マリーン株式会社がボートの販売・修理を行っていたが、同社の舟艇の開発・製造・販売(新艇)事業撤退に伴い、受託運営を終了し、4月1日よりササキコーポレーションに引き継いだ[1]

北九州港の新門司地区に位置し、周辺は物流拠点「マリナクロス新門司」となっている。敷地内には結婚式場「海と太陽の教会」とレストランが併設されていたが、2015年6月にて営業終了。その跡には近くに練習拠点を構える地元のJリーグクラブ・ギラヴァンツ北九州がクラブハウスを移設し、共同利用している。

データ編集

以下は2017年1月現在のデータである[2][3]

  • 所在地:福岡県北九州市門司区新門司北二丁目1番地
  • 全体面積:7.9ha
    • うちマリーナ敷地:5.2ha(水域)、2.7ha(陸域)
  • 保管能力
    • 海上艇置:82隻分
    • 陸上艇置:220隻分
    • ディンギー:50隻分
  • 付帯施設
    • クラブハウス - メンバーズルーム
      • レストラン(「アーネストムーン」)、マリーンショップ、シャワー、ロッカールーム。
    • ハーバーオフィス - 給油、上下架受付。
    • 修理工場 - 30フィートクラス、2隻収容
    • 上下架施設 - 30トン(レールウインチ)、7トン(テルハ式クレーン)
    • 給油施設 - 20キロリットルタンク(軽油・レギュラー・ハイオク)
  • ギラヴァンツ北九州クラブハウス(マリーナとの共同利用)

過去の入居施設編集

  • 結婚式場「海と太陽の教会」(レストランと教会は株式会社千草が運営)

沿革編集

  • 1991年(平成3年)8月 - 開業
  • 1999年(平成11年)9月 - 台風18号により被害を受ける[4]。同年、海と太陽の教会・レストランオープン[5]
  • 2004年(平成16年)3月 - 開業時の運営会社である新門司マリーナ株式会社を解散、同社の事業を北九州埠頭株式会社に営業譲渡[6]
  • 2015年(平成27年)6月 - 「海と太陽の教会」・レストランが営業終了。
  • 2016年(平成28年) - ギラヴァンツ北九州が「海と太陽の教会」・レストラン跡をクラブハウスとして利用開始。

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「新門司マリーナ受託業務終了」に関するお知らせ
  2. ^ 新門司マリーナ公式サイトマリーナ概要ご案内
  3. ^ “第7回サポーターカンファレンス議事録” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年3月12日), https://www.giravanz.jp/information/2016/0323597/ 2017年2月4日閲覧。 
  4. ^ 防災啓発情報防災情報北九州
  5. ^ 千草の歴史千草ホテル
  6. ^ P5.新門司マリーナの運営会社が変わります社団法人北九州港振興協会 北九州港ニュース No.76

関連項目編集

外部リンク編集