メインメニューを開く
鵜戸神宮

日南海岸きらめきライン(にちなんかいがんきらめきらいん)は、宮崎県南部にある日本風景街道のひとつで、この場合の街道とは特定の道を指す物ではなく、その地域ならではの自然・文化を活かし、景観の向上・地域活性化観光振興などを行うとりくみのこと。国道220号沿線の神話と歴史のみちづくりを目的とする[1]

目次

概要編集

日南海岸きらめきライン、2007年平成19年)11月、国土交通省日本風景街道に登録されたもので、2012年現在、九州に11ある風景街道のひとつ。国道220号国道222号国道448号等を中心とした、宮崎県日南海岸地域の宮崎市日南市串間市におよび、うつくしの道づくり、もてなし・いやしの道づくり、神話と歴史の道づくりからなっている。みどころは、日南海岸国定公園などの太平洋の景色[1]

沿道の見所編集

沿道の行事編集

  • 堀川灯篭流し
  • 鯉のぼり揚げ
    • やっちみろかい酒谷が1994年から毎年、酒谷地区のPRと5月5日のこどもの日を祝うため、日南ダムの正面に約350匹のこいのぼりをあげる。
  • 都井岬 火まつり

活動主体編集

  • 日南海岸地域シーニック・バイウェイ推進協議会
    • 38団体(ボランティア24団体、町内会2団体、観光関係者3団体、道の駅3駅、その他任意6団体)で発足。

エリア内の道の駅編集

関連項目編集

脚注編集

出典

  1. ^ a b 日南海岸きらめきライン”. 九州地方整備局. 2013年2月28日閲覧。
  2. ^ a b 日南海岸きらめきライン キラメキビトを訪ねて 日南海岸地域シーニック・バイウェイ推進協議会発行

外部リンク編集