メインメニューを開く

日暮 吉延(ひぐらし よしのぶ、1962年11月24日[1] - )は日本の政治学者帝京大学法学部教授。専門は日本政治外交史、国際関係論。

東京都出身。鹿児島大学教養部助教授、鹿児島大学法文学部法政策学科教授を経て現職。2003年、著書『東京裁判の国際関係』で2002年度吉田茂賞を受賞、2008年『東京裁判』でサントリー学芸賞受賞。東京裁判史の研究者として知られている[2]

学歴編集

  • 1986年 立教大学法学部法学科卒業。
  • 1993年 立教大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
  • 2000年 「東京裁判の国際関係:国際政治における権力と規範」で、博士(政治学)の学位を学習院大学より取得[3]

職歴編集

  • 1993年 鹿児島大学教養部専任講師。 
  • 1994年 鹿児島大学教養部助教授。
  • 1997年 鹿児島大学法文学部助教授。
  • 2004年 鹿児島大学法文学部教授。
  • 2012年 帝京大学法学部教授。

著書編集

単著編集

共著編集

共著(部分執筆)編集

訳書編集

  • アーノルド・ブラックマン『東京裁判――もう一つのニュルンベルク』(時事通信社、1991年)
  • マヤ・トデスキーニ編『核時代に生きる私たち――広島・長崎から50年』(時事通信社、1995年)

監修編集

  • ジョン・ルース『スガモ尋問調書』(読売新聞社、1995年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.338
  2. ^ 日暮吉延 帝京大学ネットワーク
  3. ^ 博士論文書誌データベース