メインメニューを開く

本項では、日本サモアの関係英語: Japan–Samoa relations)について述べる。日本とサモア独立国の関係英語: Japan–Independent State of Samoa relations)、あるいは旧称により日本と西サモアの関係英語: Japan–Western Samoa relations)とも。

日本とサモアの関係

日本

サモア

目次

沿革編集

1962年1月1日、ニュージーランド委任統治領西サモア英語版より西サモアとして独立[1]

1973年、日本と西サモアの間で外交関係が樹立される[2]

1980年6月、在京西サモア名誉総領事館が開設される[3]

1997年2月、在アピア日本国名誉総領事を任命[3]

1997年7月、国名が西サモアからサモアに改称される[4]。これに伴い、在京西サモア名誉総領事館が在京サモア名誉総領事館となる。

2007年1月、在京サモア名誉総領事館が閉館。2009年7月、在京サモア大使館が開設される[3]

2013年1月、在サモア日本大使館が開設され[3]、兼勤駐在官事務所として活動を開始[5]

2016年3月、福島県いわき市常磐興産株式会社内に、在福島サモア名誉領事館が開設される[6]

2017年1月1日、在サモア日本大使館が実館としての大使館に格上げ[5]。同年3月14日、日本国政府の閣議決定により、青木伸也が初代駐サモア日本大使に任命される[7]

要人往来編集

1989年1月7日、昭和天皇が87歳で崩御。同年2月24日に執り行われた大喪の礼には、サモアの国家元首マリエトア・タヌマフィリ2世パトゥ・アファエセ教育大臣が参列した[8]

1990年今上天皇即位の礼が執り行われ、同年11月に行われた賓客を招く饗宴の儀には、国家元首マリエトア・タヌマフィリ2世が参列した[9]

2003年10月、秋篠宮文仁親王殿下および同妃殿下がサモアを訪問し、国家元首マリエトア・タヌマフィリ2世やトゥイラエパ・サイレレ・マリエレガオイ首相などの要人と会談し、サモア国立大学英語版太平洋地域環境計画事務局英語版(SPREP)の本部、首都アピアにある同国最大の港湾アピア港などを視察した[10]

2007年5月11日、国家元首マリエトア・タヌマフィリ2世が94歳で逝去。日本からは浜田昌良外務大臣政務官が弔問の特使として派遣され、国葬に参列した[11]

尚、1998年よりサモアの首相を務めているトゥイラエパ・サイレレ・マリエレガオイは、副首相、蔵相時代を含めて、これまで14回の訪日実績がある(1984年、1985年、1988年、1990年、1994年、1997年に2回、2000年、2003年、2005年、2006年、2009年、2012年、2015年。うち6回は太平洋・島サミット出席のため[5])。

外交使節編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集