メインメニューを開く

日本乾溜工業株式会社(にっぽんかんりゅうこうぎょう)は福岡県福岡市東区に本社を置く企業である。福岡証券取引所単独上場銘柄のひとつである(証券コードは1771)。

日本乾溜工業株式会社
Nippon Kanryu Industry Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
福証 1771
1996年4月26日上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0054
福岡市東区馬出1丁目11番11号
設立 1939年7月1日
業種 建設業
法人番号 1290001028382 ウィキデータを編集
事業内容 建設事業・防災安全事業・化学品事業
代表者 伊東幸夫(代表取締役社長
資本金 4億1300万円
(2011年9月現在)
売上高 127億3300万円
(2018年9月期)
総資産 61億93百万円
(2011年9月現在)
従業員数 180人
(2008年9月30日現在)
決算期 9月30日
外部リンク www.kanryu.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

ガードレール道路標識タイヤ生活用品の原材料や製品を取り扱う[1]1939年昭和14年)に設立[1]1959年(昭和34年)に自動車のタイヤに使われる不溶性硫黄を日本で初めて開発し、2015年時点で国内シェアの25%を担う[1]。また、タイヤ素材に関連して道路関係の事業に着手し、さらには道路上の法面工事にも着手するようになった[1]

沿革編集

拠点編集

脚注編集

外部リンク編集