メインメニューを開く

日本医科大学武蔵小杉病院

日本医科大学武蔵小杉病院(にほんいかだいがくむさしこすぎびょういん)は、神奈川県川崎市中原区にある医療機関救命救急センターを有する災害医療拠点病院で、学校法人日本医科大学が運営する。旧日本医科大学付属第二病院

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 日本医科大学武蔵小杉病院
日本医科大学武蔵小杉病院
情報
英語名称 Nippon Medical School Musashi Kosugi Hospital
標榜診療科 内科神経内科消化器科循環器科小児科外科整形外科形成外科
脳神経外科心臓血管外科皮膚科
泌尿器科産婦人科眼科
耳鼻いんこう科放射線科麻酔科
許可病床数

372床


一般病床:372床
開設者 学校法人日本医科大学
管理者 田島廣之(院長)
開設年月日 1937年6月8日
所在地
211-8533
位置 北緯35度34分45.8秒 東経139度39分29秒 / 北緯35.579389度 東経139.65806度 / 35.579389; 139.65806[1]
二次医療圏 川崎南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

以前は日本医科大学新丸子校舎が敷地北西に位置して学部1年次の授業が開講されていたが、現在は日本獣医生命科学大学武蔵境校舎へ移転した。

沿革編集

  • 1937年6月6日 - 日本医科大学丸子病院開院式、6月8日より診療開始
  • 1940年7月19日 - 日本医科大学付属第三医院に改称
  • 1945年4月15日 - 空襲により医院建物・予科校舎を焼失
  • 1954年12月1日 - 日本医科大学付属第二医院に改称
  • 1962年4月1日 - 総合病院の承認を受ける。
  • 1963年4月1日 - 日本医科大学付属第二病院に改称
  • 2006年 - 日本医科大学武蔵小杉病院に改称

診療科編集

医療機関の指定等編集

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 丸子医院開設当初にあった「白亜館」の位置。

参考文献編集

  • 『日本医科大学80周年記念誌』(学校法人日本医科大学、1983年)
  • 日本医科大学校史編纂委員会『日本医科大学の歴史』(学校法人日本医科大学、2001年)

関連項目編集

外部リンク編集