日本映画・テレビ録音協会

協同組合日本映画・テレビ録音協会(にほんえいがてれびろくおんきょうかい)は、日本録音技師、映像作品の録音の従事者で構成する、日本の職能団体協同組合である。

概要 編集

録音技師の社会的認知度の向上を目的とし、映画、映像分野の発展に寄与する。1961年昭和36年)10月17日に前身となる日本映画録音協会が設立。初代理事長は峰尾芳男1997年平成9年)7月に協同組合日本・映画テレビ録音協会が創立。英語表記はJapan Cinema and Television Sound Creator Association(J.S.A.)。会員数は201名を擁する(2020年3月1日時点)。

沿革 編集

  • 1961年昭和36年)10月17日、日本映画録音協会設立
  • 1962年(昭和37年)5月30日、機関紙「録音」第1号発刊
  • 1997年(平成9年)7月、協同組合 日本映画・テレビ録音協会創立
  • 2008年(平成20年)6月、録音協議会と合併

歴代理事長 編集

理事長 就任時期
1 峰尾芳男 1961年 - 1964年
2 中村敏夫 1964年 - 1974年
3 安田庸三 1974年 - 1980年
4 高島小二郎 1980年 - 1989年
5 松本隆司 1989年 - 1998年
6 岩田廣一 1998年 - 2004年
7 橋本文雄 2004年 - 2008年
8 紅谷愃一 2008年 - 2014年
9 小野寺修 2014年 - 2020年
10 志満順一 2020年 -

関連項目 編集

出典 編集