メインメニューを開く

協同組合日本シナリオ作家協会(にほんシナリオさっかきょうかい、: Japan Writers Guild)は、日本の脚本家の組織する事業協同組合である。略称シナリオ作協

協同組合日本シナリオ作家協会
Japan Writers Guild
略称 シナリオ作協
設立年 1965年
種類 中小企業等協同組合
法人番号 3010405002174 ウィキデータを編集
地位 中小企業等協同組合法
目的 シナリオの著作権擁護、シナリオ作家の育成及び表彰・顕彰 他
本部 東京都港区赤坂5丁目4番16号シナリオ会館内
座標 北緯35度40分15.9秒 東経139度44分5.6秒 / 北緯35.671083度 東経139.734889度 / 35.671083; 139.734889座標: 北緯35度40分15.9秒 東経139度44分5.6秒 / 北緯35.671083度 東経139.734889度 / 35.671083; 139.734889
貢献地域 日本の旗 日本
理事長 加藤 正人
ウェブサイト http://www.j-writersguild.org/

理事長は加藤正人(2015年 - )。

これとは別団体として「一般社団法人シナリオ作家協会」があり、教育・出版を行なう。略歴節を参照の事。

略歴編集

  • 1936年(昭和11年)11月11日、関東地区で任意団体「シャッポーの会」を設立する。
  • 1937年(昭和12年)1月15日、関西地区で任意団体「関西シナリオ作家クラブ」設立する。同年8月5日、両団体が合流し、全国組織の任意団体「日本映画作家協会」を設立する。
  • 1949年(昭和24年)月刊「シナリオ」誌を同年10月号より同協会の機関誌とする。
  • 1950年(昭和25年)12月14日文部省の認可を得て社団法人となり、「社団法人シナリオ作家協会」を設立する。
  • 1965年(昭和40年)6月26日通商産業省の認可を得て協同組合となり、「協同組合日本シナリオ作家協会」を設立する。社団法人は教育・出版を行なう団体として存続。

事業内容編集

組合員の作品の使用に関する斡旋、原稿用紙など消耗品の共同購買、経済的地位改善のための団体協約の締結、事業に関する経営および技術の改善向上、または組合事業に関する知識の普及を図るための教育・情報の提供、文芸美術国民健康保険団体生命保険等の福利厚生に関する事業を行い、シナリオ作家から公衆送信権上映権複製権頒布権等について信託を受け映画・放送著作物の著作権に関する管理事業、利用者に許諾を与えるとともに、使用料の徴収・分配業務を行っている。

  • 1957年(昭和32年)に「シナリオ研究所」を開設。学生運動による閉鎖を経て、1983年(昭和58年)より「シナリオ講座」を開講し、脚本家の育成を行っている。
  • 1949年度(昭和24年度)よりその年度を代表するシナリオとして10作品を「年鑑代表シナリオ」として選定している。第21回(1969年度)までは回数を表示しているが、1970年度以降は年度表記のみで回数を表記していない。

会員資格編集

映像作品のシナリオライターの団体である点で日本脚本家連盟と類似し、実際双方に加入する会員も多いが、入会資格として「映画化された劇場用映画シナリオ1本以上、又は放映されたテレビドラマのシナリオ合計2時間以上」の執筆経験を要求し、構成作家専業者の入会を認めていないことが、シナリオ作協の一つの特色となっている。

組織編集

本部編集

役員構成編集

  • 理事長、副理事長、専務理事、常務理事、理事、監事[1]

歴代理事長編集

  • 八住利雄(1965年 - 1968年)
  • 橋本忍(1968年 - 1970年)
  • 片岡薫(1970年 - 1972年)
  • 新藤兼人(1972年 - 1982年)
  • 八住利雄(1982年 - 1991年)
  • 山内久(1991年 - 1997年)
  • 新藤兼人(1997年 - 2001年)
  • 山内久(2001年 - 2005年)
  • 西岡琢也(2005年 - 2015年 )
  • 加藤正人(2015年 - )

委員会編集

  • 著作権部会(著作権委員会)
  • 教育文化部会(人材育成委員会、出版委員会、総務委員会、組織強化委員会)

声明編集

2009年、映画『アマルフィ 女神の報酬』の脚本クレジットを無記名で公開した事に対し、製作したフジテレビに「脚本家軽視の疑いがあり、これは前代未聞の異常事態」として声明を発表、抗議を申し入れた[2](その後、日本放送作家協会からも同様の声明が発表された[3])。一応フジテレビ映画事業局長の亀山千広名義で回答はあったが、不審な点があり、製作者を招いた対談の形で、事の経緯を問いただされた[4]。このやりとりの模様は作協ニュースにまとめられ、月刊シナリオ11月号に掲載された。

ビブリオグラフィ編集

すべて発行元は社団法人シナリオ作家協会である。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集