メインメニューを開く

日本比較政治学会(にほんひかくせいじがっかい、Japan Association for Comparative Politics)は、比較政治学の研究を促進し、内外の研究者相互の交流を図ることを目的とする学会

目的編集

  1. 内外の研究者相互の連絡および協力の促進
  2. 年次大会・研究会・講演会などの開催および機関誌等の発行
  3. 内外の関係諸学会との交流および協力
  4. その他、理事会が適当と認めた活動

内容編集

年に一度研究大会を行い、学会年報を発行している。

沿革編集

歴代会長編集

氏名 在任時期 所属大学 専門分野
岡澤憲芙 1998年 - 2000年 早稲田大学 スウェーデン政治
木村雅昭 2000年 - 2002年 京都大学 インド政治
五十嵐武士 2002年 - 2004年 東京大学 アメリカ政治
河田潤一 2004年 - 2006年 大阪大学 政治学
藤原帰一 2006年 - 2008年 東京大学 国際政治学
真柄秀子 2008年 - 2010年 早稲田大学 イタリア政治
新川敏光 2010年 - 2012年 京都大学 福祉国家論
大串和雄 2012年 - 2014年 東京大学 ラテンアメリカ政治
小川有美 2014年 - 2016年 立教大学 北欧政治
大西裕 2016年 - 2018年 神戸大学 韓国政治
遠藤貢 2018年 - 現職 東京大学 アフリカ政治

刊行物編集

  • 『日本比較政治学会年報』(早稲田大学出版部, 1999年-)
  • 『比較政治叢書』(早稲田大学出版部, 2006年-2008年)
  1. 『民主主義アイデンティティ――新興デモクラシーの形成』(恒川惠市編)
  2. 『比較福祉政治――制度転換のアクターと戦略』(宮本太郎編)
  3. 『ポスト代表制の比較政治――熟議と参加のデモクラシー』(小川有美編)
  4. 『政治的エグゼクティヴの比較研究』(伊藤光利編) 
  • 『Minerva比較政治学叢書』(ミネルヴァ書房、2009年-)
  1. 『ポピュリズム・民主主義・政治指導――制度的変動期の比較政治学』(島田幸典木村幹編)
  2. 『構成主義的政治理論と比較政治』(小野耕二編)

外部リンク編集