メインメニューを開く

日本空飛ぶ円盤研究会(にほんそらとぶえんばんけんきゅうかい、Japan Flying Sauser Research Association:JFSA)は、日本最初のUFOの研究団体。

太平洋戦争日本陸軍航空隊でレーダー装備を担当し、戦後は大蔵省印刷局に勤務していた荒井欣一(後に、ピー・プロダクションの庶務課長にもなっていた)が中心となり、1955年(昭和30年)に設立された。国内外の情報を収集する研究活動や講演活動、機関誌の発行を行う傍ら、その後の日本で設立されたUFO研究団体と関わりを持ち、影響を与えた。

顧問には北村小松糸川英夫徳川夢声石黒敬七らがいた[1]。最盛期には約1,000名を超える会員を擁し、三島由紀夫石原慎太郎らが参加し、著名人ではほかに星新一黛敏郎黒沼健森田たまらが会員であった。客員会員として荒正人新田次郎平野威馬雄らも加わっていた。また、会員の柴野拓美による日本初のSFファングループである「科学創作クラブ」(のち宇宙塵)を生み出したことでも知られている。

会に集まった動機について、星新一は

ぼくの場合には、親父が死んだあとの会社の整理ということが、かなりの部分を占めていたし、空飛ぶ円盤の会を始めた荒井(欣一)さんの場合は、お嬢さんがストマイという薬の副作用で耳が不自由になられたとかで"本当に宇宙人が来てくれりゃ助かるのになあ"なんてなにかの折にふっと漏らされたことがありましたね。それから柴野(拓美)さんにしても、ずっと喘息に悩まされていたりとか……みなさんそれぞれに、なんともやりきれないものを背負いこんじゃって、その救いとかはけ口とか、そんなものもあったんじゃないかなという気がします。

と語っている[2]

1960年代から団体としての活動は低下したが、荒井は2002年(平成14年)に死去するまで活動を続けた。

脚注編集

  1. ^ 唐沢俊一『新・UFO入門』(幻冬舎新書)P.76
  2. ^ 幻想文学講義 「幻想文学」インタビュー集成東雅夫 編、国書刊行会、2012年8月、201頁。ISBN 978-4-336-05520-0

関連項目編集