学校法人佐藤栄学園

学校法人佐藤栄学園(がっこうほうじんさとえがくえん)は、日本学校法人

概要 編集

創立者は佐藤栄太郎、2代目理事長は佐藤孝司、3代目理事長は学校法人佐藤栄学園常務理事であった森山憲一、そして現4代目理事長は栄東中学校・高等学校校長の田中淳子。理事長と校長を兼任している。

沿革編集

  • 1959年昭和34年) 埼玉自動車整備技術学校開校
  • 1971年(昭和46年) 学校法人佐藤栄学園認可
  • 1972年(昭和47年) 埼玉栄高等学校設置
  • 1978年(昭和53年) 栄東高等学校設置
  • 1982年(昭和57年) 花咲徳栄高等学校設置
  • 1988年(昭和63年) 埼玉短期大学設置
  • 1994年平成6年) 日本美術専門学校、埼玉栄北高等専修学校設置
  • 1995年(平成7年) 平成国際大学設置
  • 2000年(平成12年) 栄北高等学校、埼玉栄中学校設置。学校法人北海道佐藤栄学園が北海道桜ヶ丘高等学校を譲受し、北海道栄高等学校とする。
  • 2002年(平成14年) 埼玉栄北高等専修学校廃校
  • 2003年(平成15年) さとえ学園小学校、大宮法科大学院大学設置
  • 2008年(平成20年)11月13日 佐藤栄太郎理事長が腹部大動脈瘤破裂により80歳で死去。長男・佐藤孝司が理事長就任
  • 2010年(平成22年) 学校法人北海道佐藤栄学園を吸収合併
  • 2012年(平成24年)2月18日 佐藤孝司理事長が食道静脈瘤破裂により急逝(享年45)。孝司理事長に職務を引き継ぐ子が不在であったため、同学園の常任理事の森山憲一を理事長代理として立て、年度始めの4月1日、正式に3代目理事長に就任
  • 2015年(平成27年)9月30日 大宮法科大学院大学廃校
  • 2018年(平成30年)3月31日 日本美術専門学校廃校
  • 2020年(令和2年) 4月1日 栄東中学・高等学校校長・田中淳子が4代目理事長に就任。

建学の理想編集

  • 建学の精神
    人間是宝(にんげんこれたから)
  • 校訓
    今日学べ(こんにちまなべ)

設置校編集

大学編集

専修学校編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

その他編集

廃校編集

経営移管編集

不祥事編集

2006年2月、関東信越国税局から2014年3月期までの7年間で約2億円の所得の申告漏れを指摘された。佐藤栄太郎理事長(当時)個人も約5億円の申告漏れを指摘されており、申告漏れ総額は約7億円。[1]

学園は、保護者らが旅行業者に払い込んだ修学旅行などの代金の一部を、業者側から手数料として受け取り、その手数料を簿外で処理し、7600万円余を使っていた。

また、保護者から徴収した補習などの進学特別指導料(2003年度までの4年間で約5億円)と経営する大学や短大の記念事業積立金(2003年度までの19年間で約5億円)の合わせて約10億円も簿外処理していた。

一連の申告漏れをめぐって、埼玉県は2005年度後期(約9億円)と2006年度(約18億6000万円)の補助金を全額不交付にした。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「埼玉栄高の運営法人と理事長、7億円申告漏れ」朝日新聞 2006年2月17日付

外部リンク編集