メインメニューを開く

日置電機株式会社((ひおきでんき、英語:HIOKI E.E. Corporation、IPA [ ‘ h i ɔ k i]) )は、長野県上田市に本社を置く電気計測器の開発、生産、販売を行うメーカーである。創業は1935年6月

日置電機株式会社
HIOKI E.E. CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
略称 HIOKI
本社所在地 日本の旗 日本
386-1192
長野県上田市小泉81
設立 1952年1月5日
業種 電気機器
法人番号 6100001010247
事業内容 電気計測器
代表者 細谷和俊(代表取締役社長)
資本金 32億9,946万円
発行済株式総数 14,024,365
売上高 連結208億91百万円
(2017年12月期)
営業利益 連結25億03百万円
(2017年12月期)
純利益 連結19億98百万円
(2017年12月期)
純資産 連結227億86百万円
(2017年12月31日現在)
総資産 連結256億50百万円
(2017年12月31日現在)
従業員数 連結841名
(2017年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 日置電機社員持株会 6.15%
日置恒明 5.87%
日置勇二 5.28%
(2017年12月31日現在)
主要子会社 HIOKI USA CORPORATION
日置(上海)商貿有限公司
HIOKI SINGAPORE PTE. LTD.
HIOKI KOREA CO., LTD.
外部リンク www.hioki.co.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

1935年に東京都港区で日置美三がメータを制作。1937年に目黒区で日置電機計器製作所が設立された。1945年に戦災から疎開する形で長野県坂城町に移転し、戦後も坂城町にそのまま残り事業を続けた。1990年に長野県上田市に移転した。 4代目の日置勇二までは創業家から社長を輩出していたが、2005年の5代目社長である吉池達悦から現在の7代目社長である細谷和俊まで、創業家以外から社長を出している。

事業

創業から今日まで、電気計測器の事業に専念している。小型の現場測定器から基板検査のための大型機器まで製品の幅は広く、電気測定器分野の製品の種類を増やしている。特定分野に偏らない製品群を有するため、結果的には不況下における売り上げのリスク回避に繋がっている。

製品開発

日置電機は研究開発型の企業であり、全社員の1/3以上が開発・技術を担っている。売り上げの10%以上を年間研究費に充てており、毎年数多くの新製品を発売していることが日置電機の強みである。

生産体制

開発から生産・修理・校正まで、同じ敷地内で集結して行っているのが特徴である。計測器メーカーとしては品質が最重要事項であり、それを満たすためには、これらの一体化が不可欠だと判断しているからである。そのため、多くの企業が行っているファブレスや海外工場での生産といった考えからは一線を画している。

海外販売

自社ブランド製品を発売してからは日本国内での売上比率が高い企業だったが、近年は積極的に海外へ販路を拡大している。その活動とともに海外売上高比率も上昇し、2018年では48.3%であった。現在の海外拠点は、アメリカ、中国、シンガポール、韓国、インド、台湾、ドイツ、アラブ首長国連邦、インドネシア、タイにある。

HIOKI祭り

毎年秋に本社の敷地内でHIOKI祭りが開催されている。社員が企画運営をして、地域との交流を深めることを目的としている。近年では、海外拠点による国際色豊かな出店に人気が集まっている。2018年までは9月の第1土曜日だったが、2019年からは10月に変更された。

ひおきちくん

日置電機のマスコットとして活躍している。ひらがなの「ひ」の字に帽子をかぶった姿で、HIOKI祭りでは子供たちの人気を博している。

新入社員研修での合宿

新入社員は、2泊3日の間、お寺にこもって合宿をする。宗教行事ではなく、親交が目的である。新入社員同士で協力して精進料理を作ったり、座禅や掃除をしたりして、仲間と一緒に規則正しい生活をする。長い新入社員研修の中でのハイライトの一つでもある。

製品カテゴリ編集

日置電機の製品は4つの製品群に分けられている。

沿革編集

  • 1935年 - 東京都で創業。後に戦災を逃れ長野県坂城町へ移転
  • 1952年 - 日置電機株式会社設立
  • 1990年 - 上田市にHIOKIフォレストヒルズ新本社工場完成移転
  • 1991年 - 株式を店頭登録(現在のジャスダック
  • 1993年 - ISO9001認証取得
  • 1994年 - 日置フォレストプラザ(株) 設立
  • 1997年 - ISO14001認証取得
  • 1998年 - HIOKI USA CORPORATION 設立
  • 2001年 - 東京証券取引所2部上場
  • 2003年 - 東京証券取引所1部指定替え
  • 2005年 - 財団法人HIOKI奨学・緑化基金 設立
  • 2007年 - 日置(上海)商貿有限公司 設立
  • 2010年 - HIOKI SINGAPORE PTE. LTD. 設立
  • 2012年 - HIOKI KOREA CO., LTD. 設立
  • 2016年 - HIOKI INDIA ENGINEERING PRIVATE LIMITED 設立
  • 2017年 - HIOKI EUROPE GmbH 設立

賞歴編集

iFデザイン賞受賞
グッドデザイン賞受賞
1985年以降、毎年応募を続けている[5]
  • メモリハイコーダ MR8875 2012年[6]
  • 電圧センサー PW9020 2014年[5]
  • メモリハイコーダ MR8827 2015年[5]
  • AC/DCクランプメータ CM4371, CM4373 2015年[5]
  • ACフレキシブルカレントセンサ CT7040シリーズ 2016年[5]
  • AC/DCカレントプローブ CT6845, CT6846 2016年[5]
  • 電圧計付検相器 PD3259 2016年[5]
  • AC クランプパワーメータ CM3286, CM3286-01 2017年[7]
  • AC非接触電圧プローブ SP3000, AC電圧プローブ SP9001 2017年[7]
  • RGB レーザ照度計 TM6102、RGB レーザ輝度計 TM6103、光パワーメータ TM6104 2017年[7]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集