メインメニューを開く

日輪寺(にちりんじ)は、茨城県久慈郡大子町八溝山の中腹、八合目付近にある天台宗の寺院。山号は八溝山。本尊は十一面観音であり、坂東三十三観音霊場第21番札所である。

日輪寺にちりんじ
日輪寺の観音堂
観音堂
所在地 茨城県久慈郡大子町大字上野宮字真名板倉2134
位置 北緯36度55分16.3秒
東経140度16分25.4秒
座標: 北緯36度55分16.3秒 東経140度16分25.4秒
山号 八溝山
宗旨 天台宗
本尊 十一面観音
創建年 天武天皇2年(673年
開基 役小角
中興年 大同2年(807年
中興 空海
札所等 坂東三十三観音霊場 第21番
法人番号 1050005008636
日輪寺 (茨城県大子町)の位置(茨城県内)
日輪寺 (茨城県大子町)
テンプレートを表示

歴史編集

この寺の創建については不詳であるが、寺伝では白鳳年間(7世紀後半)に役小角が開いた寺と伝えられる[1][2]。その後に廃寺となったが、大同2年(807年空海が、本尊に空海の自作という十一面観音を祀り中興したと伝えられ[1]永延3年(989年)には観音霊場のひとつとなった[2]平安時代から鎌倉時代にかけて修験者など行者を中心に霊場化し、特に鎌倉時代からは坂東二十一番札所として不動の信仰を得ることとなる[2]室町時代以降隆興し、文明年間(15世紀後半)には、本堂内に総欅造りの大伽藍、地蔵堂など堂宇のすべてが揃う壮大な伽藍がいらかを連ねる大寺であったとされる[1][2]江戸時代には江戸幕府から朱印状7石を与えられ、徳川光圀も寺維持に意を注いで援助したといわれている[2]。光圀の時代の寛永20年(1643年)に火災で伽藍は焼失し、万治3年(1660年)に再建されるも明治時代に入ってからは衰退し、1880年明治13年)には山火事に遭い、本尊を残して再び焼失[2]。現在は観音堂ほか数棟を残すのみとなっている[1]

所在地・交通編集

所在地
  • 茨城県久慈郡大子町上野宮2134 八溝山8合目
交通
拝観時間
  • 夏季 8:00~16:30、冬季 9:00~16:00 (1月・2月は雪のため閉山、御朱印は可能)

隣の札所編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ゼンリン・人文社 1997, p. 86.
  2. ^ a b c d e f 日輪寺”. 茨城県大子町観光協会公式ホームページ. 大子町観光協会. 2018年7月7日閲覧。

参考文献編集

  • 『郷土資料辞典 ふるさとの文化遺産』第8巻 茨城県、齋藤建夫 編、ゼンリン人文社、1997年3月10日、初版。ISBN 4795910936

外部リンク編集