メインメニューを開く

竹内 敬持(たけのうち たかもち、正徳2年(1712年) - 明和4年12月5日1768年1月24日))は、江戸時代中期の神道家、尊王論者。父は越後の医師竹内宗詮。通称は竹内式部。号は正庵・羞斎(しゅうさい)など。子に竹内主計

新潟県新潟市中央区西船見町の西海岸公園にある竹内式部像

経歴編集

1728年享保13年)頃上京して徳大寺家に仕え、山崎闇斎門下の松岡仲良玉木正英に師事して、儒学垂加神道を学んだ。家塾を開いて、若い公家たちに大義名分を重んじる垂加神道の教義を教授したことから、1758年宝暦8年)の宝暦事件では、中心人物として重追放の処分を受けて京都を追放された。その後1766年(明和3年)山県大弐らによる明和事件の際、関与を疑われ、翌1767年(明和4年)八丈島に流罪となり、送られる途中に三宅島で病没した[1]

神社建立計画編集

竹内式部の功績を評価し、「竹内神社」の建立に向けて動いている。それに伴う奉賛会の動きが具体化しているのは、1934年(昭和9年)年に新潟市らが主催で、神社建立懇親会を開催した頃からである。

建立に伴う準備委員会が3回ほど実施され、1936年(昭和11年)年12月5日に旧新潟市役所にて、奉賛会発足会が挙行されている。しかし発足会挙行後、奉賛会の活動がわかる資料が発見されていないとされ、詳細は謎とされる。その影響もあり、一時期「竹内神社」建立の動きも停滞していった。

皇紀2600年事業に関連し、1939年(昭和14年)年に記念事業委員会上で、市会議長が竹内神社の建立を提案。また、護國神社の中への建設案を上申し了承される。内務省は竹内神社の建立に関しては賛成するも、護國神社と同一の場所に建立しないことや、竹内神社を建立する際は立派な形で建立することを条件として提示した。

しかし、戦時中における出費の膨大や、施設建設費の出費増及び警察官講演会基金等寄付金募集が氾濫し、竹内神社建立までに手が届かず、建立は幻に終わってしまった。

脚注編集

  1. ^ 新潟市歴史博物館『新潟・文人去来』新潟市歴史博物館、20070210、6頁。

参考文献編集

  • 『新潟の歴史を語る 第2号』新潟市郷土資料館、1996年
  • 『贈正四位竹内式部先生』 竹内式部先生追想一掬会、出版年不明
  • 『新潟・文人去来』 新潟市歴史博物館、2007年