メインメニューを開く
本来の表記は「烏丸光榮」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

烏丸 光栄(からすまる みつひで)は、江戸時代中期の公卿歌人烏丸宣定の子。官位正二位内大臣

 
烏丸光栄
時代 江戸時代中期
生誕 元禄2年8月3日1689年9月16日
死没 延享5年3月14日1748年4月11日
別名 号:不昧真院
戒名 海院浄春
官位 正二位内大臣
主君 桜町天皇桃園天皇
氏族 烏丸家
父母 父:烏丸宣定
兄弟 光栄中御門宣誠
正室:松平綱昌
尹光日野資総勘解由小路資望
裏松光世日野資枝烏丸光胤室、
松平定賢継室ら
テンプレートを表示

経歴編集

累進して正二位・内大臣に至る。なお、烏丸家で内大臣にまで至ったのは、この光榮だけである[1]。号は、不昧真院。法名は海院浄春。和歌を霊元天皇を始め中院通躬武者小路実陰に師事した。また和歌の門下には有栖川宮職仁親王桜町天皇がおり、天皇は光栄から古今伝授を受けた。また、三上藩主である遠藤胤忠にも古今伝授を授けた。

優れた歌人であり、「栄葉和歌集」や「詠歌覚悟」などの著書がある。

脚注編集

  1. ^ 烏丸光栄の死の7日前(延享5年3月7日)、長年の歌道における功労を惜しんだ桜町上皇の懇願を受けた二条宗基より内大臣を譲られ、2日間内大臣を務めた後辞任した(山口和夫『近世日本政治史と朝廷』(吉川弘文館、2017年)P292-293)。