メインメニューを開く

宅孝二

日本の作曲家、ピアニスト (1904-1983)

宅 孝二(たく こうじ、1904年明治37年)3月10日 - 1983年昭和58年)5月3日)は、日本作曲家ピアニスト大阪府堺市出身。

目次

生涯編集

醸造家の息子として生まれ、幼少の頃より謡曲を学んでいたが西洋音楽へと転じる。1922年同志社大学予科中退。1927年6月、姉夫妻に随行して渡欧。フランスエコールノルマル音楽院に入学し、ピアニスト・アルフレッド・コルトーナディア・ブーランジェに師事。1932年4月に一旦帰国。朝日新聞社の主催で最初のピアノ独奏会を開く。1934年12月、ふたたび渡仏。エコールノルマル音楽院に復学し、卒業後、1937年6月に帰国。1937年、帰国直後から東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)に勤務。

戦後は東京芸術大学ピアノ科で勤務。その頃からジャズ・ピアノに没頭し、渡辺貞夫のジャズ教室へ通っていたといわれている。南博や藤井郷子といった名ジャズ・ピアニストを育て上げた。作曲においてはピアノ曲や歌曲のほか、「社長シリーズ」など50本近くの映画音楽を手がけている。

主要作品編集

管弦楽曲編集

  • ロンド・カプリチオーソ

ピアノ曲編集

  • ソナティネ
  • セレナード
  • プーランクの主題による変奏曲
  • 三つの即興曲
  • 3つのピアノ曲

歌曲編集

  • 女の24時間
  • 林檎の花が降りそそぐ
  • 猫の蚤
  • 火の馬
  • その男
  • エプロンの歌
  • 夾竹桃が咲いている

合唱編集

  • 仲間達(混声合唱)
  • 主婦のうたごえ(女声合唱)

映画音楽編集

放送音楽編集

校歌編集

参加作品編集

外部リンク編集