メインメニューを開く

白井 浩司(しらい こうじ、1917年10月19日 - 2004年11月1日)は、フランス文学者。

東京生まれ。早川千吉郎の三男だが次男とともに白井秀の養子となり、白井姓を名乗る[1]暁星中学校を経て慶應義塾大学文学部仏文科卒。1942年NHK国際局海外放送フランス語班に勤務、45年9月NHK退職、47年慶應義塾大学予科講師、サルトルの『嘔吐』を翻訳し、実存主義ブームのきっかけを作り、その後もカミュロブ=グリエなどを翻訳紹介、58年慶應義塾大学文学部教授、66年第2回辰野隆賞受賞、76年フランス政府よりパルム・アカデミック勲章授与。1978年『アルベール・カミュ その光と影』で読売文学賞受賞。82年定年退任し名誉教授。

著書編集

  • 『小説の変貌 現代フランス作家をめぐって』白水社 1960
  • 『入門フランス文学史』有信堂 1961、有信堂高文社 1978
  • 『サルトルと知識人』日本経済新聞社(新書) 1966
  • 『「サルトル」入門』講談社現代新書 1966
  • 『純粋観客 現代フランス文学拾遺』大光社 1970
  • 『アルベール・カミュ その光と影』講談社 1977
  • 『サルトルとその時代』アートデイズ 2012

共著編編集

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代財界家系譜』 第1巻、現代名士家系譜刊行会、1968、p523