盆栽

草木を鉢に植えて鑑賞する趣味

盆栽(ぼんさい)は、広義(原義)では鉢植えをいうが、一般的には狭義で花盆などの器物に草木を栽植して樹姿を整えて盆中に景を表現するもの[1]剪定針金掛け等を施しての成長を抑制して整え、盆型の鉢植えで栽培されたものをいう[2]日本国外でも日本語の発音を基にした「BONSAI」で通じることが多い[3]

マツの盆栽

特徴編集

 
内閣総理大臣の年頭記者会見でのマツの盆栽(右)(2021年1月4日総理大臣官邸にて)

盆栽の目的は自然の風景を、植木鉢の中に切り取って作り出すところにある。その植物の、野外で見られる大木の姿を、鉢の上に縮小して再現することを目指すものである[4]。そのために剪定を施したり、自然の景観に似せるために枝を針金で固定したり、時に屈曲させたり(針金掛け)[3]、あるいは根をの上に這わせたりを掴むように露出させたり[3]と、様々な技巧を競うのも楽しみの一つとされる。

施肥、剪定、針金掛け、水やりなど手間と時間をかけて作る。生きた植物なので「完成」というものがなく、常に変化するのも魅力の1つである。

歴史編集

の時代に行われていた「盆景」が平安時代日本へ入ってきて始まった[3]。古くは「盆山」「鉢木」「作りの」などとも呼ばれた[5]

平安時代には和歌の歌題にあわせて名所の景を草木(ただし造りものが多い)と添配で表現する洲浜(すはま)が歌合わせに出品され競われていた[1]。また『源平盛衰記』によると高倉天皇カエデハゼノキで乾泉水(からせんすい)を毎日御所に届けさせたという[1]。これらの樹については培養されたものならば盆栽とみることもできるといわれる[1]

盆栽に関する直接的な史料が現れるのは13世紀後半(鎌倉時代末期)で、禅林における記述史料や絵巻物に登場するようになる[1]

江戸時代になると盆栽の栽培や園芸が盛んになり、盆栽が描かれた浮世絵も残る[3]。江戸時代後期には盆栽人口が中世に比べて飛躍的に増加し、植木業の分業化が進むとともに植木市でも種々の盆栽が取引されるようになった[1]

明治時代になると政財官界の有力者らが集まる煎茶席に盆栽が置かれるようになった[1]。しかし、雑誌『盆栽』を発行した小林憲雄による啓蒙活動以前は著作物でも「盆栽」と「鉢植え」が混同される状態が続いていた[6]

「盆栽」が社会通念として昇華したのは大正末年頃ともいわれ(岩佐亮二『盆栽文化史』)、その後、昭和期に入って陳列会(展示会・展覧会)に耐えられる山採り素材の大型盆栽が普及するとともに盆栽の概念の定着を見た[6]

その後、第二次世界大戦末期から戦後にかけては大型盆栽の維持管理が困難になり、戦後再び盆栽趣味は興隆したが、1970年代までには盆栽の小型化による盆栽需要の変化を生じた[6]

1965年、盆栽愛好家の団体「日本盆栽協会」が設立された。

種類編集

 
盆梅
 
花魁と梅盆栽。勝川春亭

盆栽は、松柏盆栽、雑木盆栽、草物盆栽などに分類される[7]

なお、ヨーロッパではFicus GinsengまたはFicus Retusaがボンサイツリーとして使われている。

盆栽の樹編集

品種編集

数ある松の品種の中でも、葉の短く、節間が短い「八房(やつぶさ)」という種類が盆栽においては小さい鉢の中で大木を表現するのに適するため珍重される。黒松(旭竜、萬松宝、寸梢など)や五葉松(銀八房五葉=略して銀八、瑞祥、九重、明星など)に多い。

また石化性と言って葉や幹の一部が刷毛状(萎縮性)になる植物も、その形の面白さから珍重される。石化ヒノキや石化黒松(扇松)、石化スギがこれに当たる。

八房、姫性、石化性は混同されがちだが、八房は芽吹きが良いもの、姫性は葉が細かいもの、石化性は葉が縮れたり萎縮性のものを言う。

樹齢編集

名品と評される盆栽については樹齢100年 - 300年以上の銘品が知られる。例えば「青龍」と命名された五葉松は樹齢350年と推定されている[3]

樹形編集

  • 直幹(ちょっかん)
    幹が上に向けて垂直に一直線に伸びている形を直幹と呼ぶ[3]。八方に広がる根張りも特徴である[8]
  • 模様木(もようぎ)
    幹が左右に曲線を描くように曲がるなど、変化のある木を模様木と呼ぶ[3]
  • 斜幹(しゃかん)
    一方向からの風に晒されていたり、障害物などがあったりするために根元から斜めに立ち上がり、樹芯にかけて一方向に傾いた樹形を斜幹と呼ぶ。
  • 吹き流し(ふきながし)[3]
    斜幹よりも、さらに過酷な環境に曝されて、幹も枝も一方向になびき、樹高よりも長く枝が伸びたものを、吹き流しと呼ぶ。これは、枝先の位置以外は半懸崖と似ている。
  • 懸崖(けんがい)
    海岸や渓谷の断崖絶壁に生えて、幹が下垂して生育を続ける樹木の姿を表現したものを懸崖と呼ぶ。ちなみに、幹や枝が鉢の上縁よりも下に垂れ下がっているものを懸崖[3]、鉢の上縁ぐらいのものを半懸崖、と呼ぶ。
  • 蟠幹(ばんかん)
    幹が著しく捩れているもの、または捩れて成長する性質のものを捩幹と呼び、幹が更にネジれた状態、あたかもがとぐろを巻いた様な樹形を蟠幹と呼ぶ。
  • 箒立ち(ほうきだち)
    幹の途中から、放射状に細かく分かれてどれが主幹なのか、区別のつかなくなった樹形で、それがあたかも竹に似ているので箒立ちと呼ぶ。
  • 根上り(ねあがり)
    厳しい生育環境により、地中で分岐した根元の部分が、風雨に晒されて表土から浮き出して露出している状態を根上りと呼ぶ。
  • 多幹(たかん)
    根元から複数の幹が立ち上がったもの。幹が2本のものを双幹、3本のものを三幹、5本以上のものを株立ちと呼ぶ。幹数は奇数が好まれており、2本以外の偶数は嫌われるので避ける。
  • 根連なり(ねつらなり)[3]
    3本以上の複数の同樹種の根が癒着して1つに繋がっているもの、または立木が地面に倒れて地中に埋まり、元は枝であったものが幹として育ち、その枝元からも根を出して、根が一つに繋がっている様な多幹樹形である。これと似たものに、筏吹きがある。これも、立木が地面に倒れて、元は枝であったものが、幹として育ち多幹樹形となったもので、根連なりと違う点は、根が1ヶ所にある。多幹樹形と同様に、幹数は偶数を避ける。
  • 寄せ植え(よせうえ)
    複数の木を一つの鉢や石に植え付けたものを寄せ植えと呼ぶ[3]
  • 文人木(ぶんじんぎ)
    支那の南画に見られる様な樹形が発端。明治時代の文人達に好まれたのでこの様に呼ぶ。
  • 石付(いしつき)
    石に樹を植え付けたもの[8]。より自然な風景を想像させること、石の持つ情景との組合せが多彩なことといった理由から人気が高い。
  • 変わり木
    上記の範疇に入りきらないものもあり、そういうものは多くの場合、変わり木といわれる。

神と舎利編集

 
幹に舎利を持つネズの盆栽

枝や幹の一部分が枯れることによって、樹皮が剥がれ白色の木質部分が剥き出しになることがある。こうなった部分を、枝で起こったものを神(ジン)、幹で起こったものを舎利(シャリ)と呼ぶ[3]。自然に起こるものだが、盆栽では彫刻刀などで削り人為的に作り出すという技法がある。主に真柏などの松柏に行うが、梅などにも施すことがある。

管理編集

松の管理編集

松盆栽の場合、日当たりや風通しの良い所で管理される[9]。また、松盆栽は夜露のあたるところが理想的とされ、地面より80cmくらい高い場所で管理される[9]

ドライ盆栽編集

ドライ盆栽(ドライぼんさい)は、盆栽の一種。「枯れ盆栽」とも呼ばれる。盆栽業者の藤田茂男と、キュレーションジャパンの西園寺薫によって開発された[10]。通常、盆栽は生きている樹木を剪定や水やりなどの手入れによって維持する必要があるのに対し、「枯れた状態」であるためそうしたメンテナンスが不要である[10][11]

盆栽の鉢編集

盆栽では樹姿と鉢の調和も重視され、釉の有無や形、大きさなどにより盆栽の印象が大きく変わる[8]

主な産地編集

その他にも盆栽育成の盛んな地域がある。東京都には、2002年に盆栽美術館春花園BONSAI美術館が開業。また埼玉県にも2010年さいたま市大宮盆栽美術館が開業している。

日本から世界へ編集

 
ブラジルサンパウロリベルダージ(東洋人街)の露店で販売中の盆栽(2014年10月)

日本の盆栽はヨーロッパでは1970年頃から「Bonsai」として根強い人気がある。盆栽は日本から盛んに輸出されるほか、ヨーロッパ産の木を盆栽に仕立てることも一般化している。

1970年代には既に米国ヨーロッパにおいて盆栽協会がある。ヨーロッパにおいて最も盆栽文化が普及した国はイタリアとされ、1964年村田憲司『盆栽入門書』が初めてイタリア語に翻訳されたのを皮切りに、盆栽の愛好家が少しずつ増えていった。1970年代後半から日本からの盆栽輸入が始まり、1980年初頭に盆栽愛好会などが誕生しはじめた。愛好家や盆栽専門家による盆栽展なども各地で開催されるようになり、イタリアには日本にもない盆栽のための専門学校まである。

1989年4月6日 - 9日に第1回世界盆栽大会が埼玉県大宮市(現・さいたま市)にて開催され、参加国は32ヵ国、参加者は1200名に達した。それに合わせて、世界盆栽友好連盟(WBFF)が発足。また、第1回世界盆栽大会を訪れて影響を受けたイタリア人によって、1990年にはイタリアで第1回「ヨーロッパ盆栽大会」が開催された。1989年以降、4年ごとに世界各地で世界盆栽大会が開かれるようになり、これまで米国ニューオーリンズ(第2回)、韓国ソウル(第3回)、ドイツミュンヘン(第4回)、ワシントンD.C.(第5回)、プエルトリコサンフアン(第6回)、中華人民共和国金壇市(第7回)で開催された。2017年の第8回世界盆栽大会は「世界盆栽大会inさいたま」として初回開催地のさいたま市で4月27日 - 30日の4日間で開かれ、参加国は40ヵ国、参加者は1200名にのぼった。第9回大会は、2021年オーストラリアパースで開催すると発表された。

2008年10月15日オランダ輸出向けの庭木よりゴマダラカミキリが寄生されたものが見つかったことにより輸入規制強化の緊急措置が施行された。ゴマダラカミキリが侵入しない施設で2年間生育されたもの以外は輸入を認めないとする内容であり、20092010年度の輸出が事実上不可能となった[12]

JETROによると、盆栽と庭木を合わせた日本の輸出額は、2001年時点で6億4000万円だったが、2011年には過去最高の67億円に達した。

なお、基本的に植物であるため、日本国外に発送するときには検疫が必要となる。インターネットオークションなどが発達し、国境を越えた個人間の売買が簡単になり、検疫を行わずに盆栽を日本国外に輸出しようとする事件が時折発生している[13]

2016年2月、日本人クリエーター今吉将之(Masanori Imayoshi)が磁力で浮かせる空中盆栽 (Air Bonsai/The floating Bonsai) を発明し、米国のクラウドファンディングで発表。米国誌『TIME』で紹介されたことにより、Bonsaiの名前が世界中に広まった。

参考文献編集

出典・脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 丸島 秀夫「中国盆景と日本盆栽の呼称の歴史的研究」 ランドスケープ研究 60(1), 1996
  2. ^ 輸出統計品目表第 0602.90号 盆栽 財務省関税局 税関 2022年11月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【世界と日本 大図解シリーズ】No.1375 盆栽 BONSAI[リンク切れ]東京新聞』2018年10月14日(日曜別刷り)2019年10月2日閲覧
  4. ^ 西(1971)、26–29ページ。
  5. ^ 依田(2014)、7ページ
  6. ^ a b c 早川陽「盆栽趣味の広がりと性格 ―雑誌『自然と盆栽』記事にみる 1970 年~1982年―」 昭和女子大学近代文化研究所紀要 No.17 pp.44~65
  7. ^ さいたま市大宮盆栽美術館だより 2022年3月 さいたま市大宮盆栽美術館 2022年11月26日閲覧。
  8. ^ a b c 盆栽 公益財団法人川口緑化センター 2022年11月26日閲覧。
  9. ^ a b 盆栽(管理編) コメリ 2022年11月26日閲覧。
  10. ^ a b “管理に手がかからないドライ盆栽などが展示される「NEW BONSAI ART展」が開催”. MdNニュース. (2016年8月16日). https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/46372/ 2017年8月18日閲覧。 
  11. ^ ““BONSAI”で人気復活に挑む”. NHK. (2016年6月26日). http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/06/0626.html 2017年8月17日閲覧。 
  12. ^ “「BONSAI」輸出ピンチ EU、突然の規制強化”. 朝日新聞. (2009年4月12日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090409-OYT1T00600.htm [リンク切れ]
  13. ^ “人気の盆栽“違法輸出”「検疫は時間と手間かかる」”. テレビ朝日. (2014年5月13日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026790.html 2014年5月17日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集