早稲田摂陵中学校・高等学校

日本の大阪府茨木市にある私立中学校・高等学校

早稲田摂陵中学校・高等学校(わせだせつりょうちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府茨木市宿久庄にある男女共学の私立中学校高等学校

早稲田摂陵中学校・高等学校
Waseda Setsuryo.JPG
過去の名称 大阪繊維工業高等学校
摂陵中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人早稲田大阪学園
併合学校 向陽台高校 吹奏楽コース
校訓 責任・自律・質実
設立年月日 1962年4月
共学・別学 男女共学(吹奏楽コースは女子のみ)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科     
学科内専門コース 普通科 吹奏楽コース
高校コード 27574D
所在地 567-0051
大阪府茨木市宿久庄七丁目20番1号

北緯34度50分51.1秒 東経135度31分47.3秒 / 北緯34.847528度 東経135.529806度 / 34.847528; 135.529806座標: 北緯34度50分51.1秒 東経135度31分47.3秒 / 北緯34.847528度 東経135.529806度 / 34.847528; 135.529806
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

設立者は学校法人早稲田大阪学園。2009年度より学校法人早稲田大学系属校となった。全国私立寮制学校協議会オブザーバー校。


沿革編集

  • 1962年 - 日本紡績協会が大阪府宿久庄に全寮制の大阪繊維工業高等学校(全日制)を設立[1]
  • 1964年 - 同校内に向陽台高等学校(広域通信制)を併設する[1]
  • 1974年 - 大阪繊維工業高等学校を摂陵高等学校(全日制普通科)に改める。
  • 1984年 - 図書館完成。
  • 1985年 - 摂陵中学校を併設する。
  • 1993年 - 全教室冷房装置設置。
  • 2004年 - 学園生徒会館完成。
  • 2009年 - 早稲田大学系属校となり、早稲田摂陵中学校・高等学校に改称。また向陽台高等学校吹奏楽コースを早稲田摂陵高等学校全日制普通科吹奏楽コースとして移管する。[1]
  • 2010年 - 早稲田摂陵中学校・高等学校を完全共学化。生徒寮 WASEDA HOUSE(新清和寮)を設置。なお、早稲田摂陵高等学校吹奏楽コースは女子のみ。[1]
  • 2012年4月1日 - 学校法人名が大阪繊維学園から早稲田大阪学園へと改称される。[1]
  • 2020年6月18日 - 中学校の募集停止。高等学校に新コース設置。[2]

設置形態編集

  • 中学校
  • 高等学校
    • 普通科
    • 普通科吹奏楽コース


教育方針・特色編集

早稲田摂陵の3つの教育方針

  • アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)
  • カリキュラムポリシー(教育課程の編成、実施方針)
  • ディプロマポリシー(卒業時の生徒像の方針)

早稲田摂陵の4つの教育の特色

  • 個性の尊重
  • 国際理解教育
  • 学力保証
  • 早摂公開講座・ボランティア活動

早稲田摂陵の教育の目的

  • 地域社会、国際社会に貢献する人材育成


カリキュラム編集

  • 中高一貫教育では大学受験を意識したカリキュラムが用意されている。中学からの入学生は第Ⅰ期(中学1年、中学2年)では基礎学力と学習習慣の定着、第Ⅱ期(中学3年、高校4年)では志望校に合わせた2つのコース制の導入、第Ⅲ期(高校5年、高校6年)では選抜クラス、理系クラス、文理クラス、文系クラス、特進コースを用意して国公立大学、難関私立大学の現役合格を目指していく。
  • 高校からの入学生は生徒の基礎学力に応じて普通科A,普通科Bにクラス分けし、高校2年、高校3年ではスーパー特進コース、特進コースに分けられる。
  • 早稲田摂陵中学高校では生徒一人ひとりに合わせた学習計画を実施している。


施設編集

早稲田摂陵は大阪茨木市の自然豊かな北摂丘陵の場所にある。学校の敷地面積は26,000m²ほどの広さを誇り、学習施設、図書館、体育館、グラウンド、テニスコート、プール、食堂などが充実している。

2010年に1号棟の教室が改装され、多機能教室となった。各教室にプロジェクターやスーパーコンピュータ、LAN設備が整備されており、インターネットなどを通じて多面的な学習が可能となった。2015年現在、2号棟も改修中であり、太陽熱を利用した空調設備を完備した環境配慮型校舎となる予定である。[3]

校地内には通信制単位制向陽台高等学校が併設されており、食堂や図書館などを共用している。

クラブ活動編集

中学編集

  • 体育系

・陸上競技部 ・剣道部 ・バレーボール部 ・卓球部 ・軟式野球部

  • 文科系

・生物研究部 ・演劇部 ・写真部 ・ESS ・吹奏楽部 ・囲碁将棋部 ・家庭科同好会

高校編集

  • 体育系

・陸上競技部 ・男子バレーボール部 ・男子バスケットボール部 ・ラグビー部

・水泳部 ・剣道部 ・女子テニス部 ・バドミントン部 ・硬式野球部 ・女子バレーボール部

・女子バスケットボール部 ・卓球部 ・サッカー部 ・男子テニス部 ・チアダンス部

  • 文科系

・写真部 ・軽音部 ・茶道部 ・演劇部 ・吹奏楽部 ・ESS部 ・生物研究部 ・書道部

・イラスト部 ・ダンス部 ・囲碁将棋部 ・ボランティア同好会


交通アクセス編集

早稲田摂稜中学高等学校は国際文化公園都市(彩都)に隣接している。

  • 阪急バス 彩都あさぎ三丁目停留所から徒歩約5分

近隣各駅から早稲田摂陵のスクールバスが約1時間に1本運行しており、定期乗車証を購入した生徒が利用できる。このスクールバスは、学校関連企業であるみささぎ交通が運行している。

進学先編集

早稲田大学系属校であり、毎年40名程度早稲田大学の推薦枠が用意されている。早稲田大学以外の大学への推薦枠は500名程度。

吹奏楽コース編集

阪急商業学園1957年1996年・阪急少年音楽隊(男子)、1997年2003年・阪急商業学園ウィンドバンド(女子))、向陽台高等学校ウィンドバンド(2004年2008年・女子)を経て2009年より早稲田摂陵(吹奏楽コース・女子)に移管された。関西テレビ主催の音楽イベント・3000人の吹奏楽では第1回から連続出場している。マーチングコンテスト全国大会で金賞11回。イタリア国際フェスティバルパレード部門優勝。

著名な出身者編集

  • 豊田和貴(ex. SOPHIA/ギター、摂陵高等学校)
  • 大塚高司(衆議院議員、摂陵高等学校)
  • 夏見モンド(「魂のコーチング塾」パーソナルコーチ、摂陵高等学校)
  • 新藤栄作(俳優、摂陵高等学校)
  • 中久木大力(アナウンサー、摂陵高等学校)
  • ISAO(ギタリスト、摂陵高等学校)
  • 芦田創(アスリート、摂陵中学校・高等学校)
  • 長濱保廣(宮崎空港ビル会長)
  • 前田大輔(ラグビー選手、摂陵高等学校)
  • 森本信之(高槻市議会議員、摂陵高等学校)
  • 西田哲朗(プロ野球選手、摂陵中学校)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集