明智氏(あけちし)は、清和源氏土岐氏の支流氏族。発祥地は美濃国可児郡明智荘の長山城)(現在の岐阜県可児市)。

明智氏
家紋
水色桔梗
(水色の布地に白色)
本姓 清和源氏頼光流土岐氏流
家祖 明智頼重(彦九郎)
種別 武家
出身地 美濃国可児郡明智荘
主な根拠地 明智城
坂本城
亀山城
福知山城
周山城
著名な人物 明智光秀
明智秀満
細川ガラシャ
支流、分家 妻木氏武家
惟任氏(武家)
明智土岐氏(武家) など
凡例 / Category:日本の氏族


土岐氏流明智氏編集

摂津源氏の流れを汲む土岐氏の一族で、南北朝時代の美濃国守護土岐頼貞(土岐氏としての美濃国守護初代)の九男であった九郎長山頼基の子・明智彦九郎頼重の後裔とされる。

明智氏は室町幕府に直接仕える奉公衆を務めた。代々可児郡長山の明智城に拠ったとされており、戦国時代斎藤道三が土岐氏を降し美濃国を掌握すると、その傘下に入り生き残りを図ることに成功する。しかし、その後の道三・義龍父子の内紛で道三に味方したため攻め滅ぼされた。ただし、一族の明智光秀が落ち延びたことで完全な滅亡だけは免れている。

明智光秀が出たことで著名となる。光秀は越前朝倉氏に仕えたのち、朝倉氏に寄宿していた足利義秋(のち義昭に改名)を細川藤孝とともに征夷大将軍として擁立。義昭の足軽大将となると共に義昭を尾張国織田信長に仲介、信長の家臣にもなる。光秀は信長の統一事業において活躍し、数々の功績の結果、坂本城主と丹波亀山城主となった(信長が義昭を追放した後は信長のみに仕える)。1582年、光秀は本能寺の変で信長を討つも、山崎の戦いにおいて羽柴秀吉の前に敗死した。光秀の一族のうち嫡流明智光慶、光秀の従兄弟あるいは娘婿であった明智秀満などといった主だった者や有力な者は坂本城で自害、僧籍にあった者や庶流などは各地に散らばり、大名としての明智氏は滅んだ。

光秀以前の明智氏の系譜については諸説あるが、江戸時代上野沼田藩主となった土岐家は明智氏の流れであるとされ、同家に伝来のいわゆる「土岐文書」は、光秀以前の明智氏の動向を知る上で不可欠な史料となっている。この沼田家譜においても、明智氏の祖は土岐頼貞の九男長山頼基で、その子・頼重が初めて明智氏を名乗ったとされている。

木田氏流明智氏編集

上記の明智氏とは別に、清和源氏満政八島氏の一族であった木田氏の当主の木田重国の玄孫・光行(明智太郎)に始まる明智氏も存在した(『尊卑分脈』)。

系譜編集

土岐流

 
源頼光
 
八代略
 
土岐頼貞
 
土岐頼基
 
明智頼重
 
五代略
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光継頼明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光綱光安光久光廉小見の方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光秀信教康秀光春光忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光慶筒井定頼南国梵桂喜多村保之玉子
詳細は「明智光秀#系譜」へ
 

木田流

    源満政
     ┃
      忠重
     ┃
      定宗
     ┃
      重宗
     ┣━━━┳━━━┓
      重実  重長  重時
         ┃
         改田重国
         ┃
          重知
         ┃
          重用
            ┣━━━┳━━━┓
          国用  重光  性圓
             ┃
                 明智光行
                   ┃
                   光房(二郎)
                   ┃
                   光元(太郎)
                   ┃
                   光高(太郎)