メインメニューを開く

星雲』(せいうん)は、1954年(昭和29年)12月に創刊された日本で最初のSF雑誌である。1号のみで終わったが星雲賞に名前を残している。

目次

概要編集

『星雲』は1954年12月に森の道社から発行された。発行人は第二次世界大戦前に『科學ペン』誌に小説や随筆を寄せていた太田千鶴夫で、森の道社の事務所も太田の自宅だった[1]。表紙には「科学小説雑誌」「Science Fiction」と銘打っていた。A5版172ページ[2]。編集スタッフとして、太田の他に矢野徹、木村生死らが名を連ねた[3]

創刊号に収録された作品は、ロバート・A・ハインラインジュディス・メリルらの翻訳短編が中心となっている[2]

刊行された当時は星新一小松左京筒井康隆ら日本SF界の重鎮はまだデビューもしていない時代で、『星雲』発行人の太田千鶴夫は同時に1954年10月に設立された日本科学小説協会の理事長も兼ねており、誌面で趣意書を掲載し、科学小説の創作を行う会員の募集も行われていた。役員には矢野徹原田三夫らの名も連ねられていて[4]、読者だった柴野拓美はこれに応募したが、同協会のその後の活動はなかったという[5]

第2号からは翻訳権を取得したオルダス・ハクスリーの「すばらしい新世界」の連載を予告していたものの、取次とのトラブルにより創刊号のみで廃刊となった[3]。1号のみに終わったが、日本SFの歴史における最初期のSF専門雑誌として評価され、廃刊後も日本SF大会の席上で参加者の投票により前年度の優秀なSF作品に授与されるSF賞「星雲賞」として名を残している[2]

原本は稀少本となっており、大部分は日本国外のSFマニアの手に渡っている[6]

掲載作品編集

  • ロバート・A・ハインライン「地球の山々は緑」(雅理鈴雄訳)
  • クリス・ネビル「ヘンダーソン爺さん」(矢野徹訳)
  • ジュディス・メリル「ああ誇らしげに仰ぐ」(レイモンド・吉田訳)
  • S・アレフレイヨーフ「試射場の秘密」
  • 地球緑山(木村生死)「失われた地球爆弾」
  • 横堀純夫「虹の入り江」
  • 千代有三「白骨塔」
  • 木村生死「文学としての科学小説」
  • 小堀憲「エヴァリスト・ガロア」
  • 香山滋の随筆

日本科学小説協会役員編集

  • 林操(顧問)
  • 隅部一雄(顧問)
  • 高野一夫(顧問)
  • 木村生死(副会長兼理事)
  • 太田千鶴夫(理事長)
  • 高松敦(理事)
  • 竹本孫一(参与)
  • 菅井準一(参与)
  • 山田健三郎(参与)
  • 原田三夫(参与)
  • 矢野徹(参与)
  • 鈴木幸夫(参与)
  • 長島礼(参与)
  • 龍胆治雄(参与)

参考文献編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長山靖生『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで』河出書房新社、2009年、p.178
  2. ^ a b c 横田順彌『SF大辞典』角川文庫、1986年、pp.189-190
  3. ^ a b 横田順彌『日本SFこてん古典(II)』早川書房、1980年、pp.90-93
  4. ^ 長山(2009)、pp.178-180
  5. ^ 牧眞司編「柴野拓美年譜」『S-Fマガジン』2010年7月号、p.231
  6. ^ よしだまさし「星雲入手秘録ガラクタ風雲内