メインメニューを開く

春 ねむり(はる ねむり、1995年1月10日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、ポエトリーラッパー、トラックメイカー神奈川県横浜市出身[1]

春ねむり
Haru Nemuri
生誕 (1995-01-10) 1995年1月10日(24歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
ジャンル J-POP
ロック
ヒップホップ
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
トラックメイカー
担当楽器 ボーカル
シンセサイザー
活動期間 2016年 -
レーベル LOW HIGH WHO? PRODUCTION
disc label records
パーフェクトミュージック
TO3S RECORDS
共同作業者 後藤まりこ
公式サイト 春ねむりofficial site

略歴編集

2016年編集

  • 6月26日、ラッパー・春ねむりとして活動を開始[2]
  • 9月3日、川崎市・東扇島東公園にて『BAYCAMP2016』のFREE THROW DJ TENTにオープニング・アクトとして出演[3]
  • 10月4日、蔦谷好位置がナビゲーターをつとめるJ-WAVE『THE HANGOUT』への出演をきっかけに、蔦谷とのコラボ曲『さよならぼくのシンデレラ』を制作[4]。リリックと歌唱を担当。
  • 10月12日、1stミニアルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー[1]
  • 12月23日、BS-TBSのオーディション番組『イクゼ、バンド天国!!』に出演[6]

2017年編集

  • 1月10日、自身の誕生日にdues新宿にて初のワンマンライブ『ひとりでねれるもん!vol.1』を開催[7]
  • 1月28日、川崎・CLUB CITT'A'TTICにて『BAYCAMP201701』に出演[8]
  • 6月2日、日本テレビ系『バズリズム』の番組内コーナー「バズ女が探リズム!」にて地上波テレビ初出演[9]
  • 6月7日、2ndミニアルバム『アトム・ハート・マザー』をリリース[10][11]
    • 同アルバムはタワーレコードのスタッフがお薦めの新進アーティストを選出する「タワレコメン」の2017年6月分に選ばれた[12]
  • 7月16日、茨城・つくばねオートキャンプ場にて『GFB‘17 (つくばロックフェス)』に出演[13]
  • 8月6日、茨城・国営ひたち海浜公園にて『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のBUZZ STAGEに出演[14]
  • 8月、映画と音楽のコラボレーションがコンセプトの映画祭「MOOSIC LAB 2017」にて出品作「; the eternal / spring」(主演:芋生悠)の主題歌『kick in the world』を書き下ろす[15]
  • 9月20日、後藤まりこと共作の1stシングル『はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて』をリリース[16]
  • 10月26日、デビューから1年の節目に吉祥寺・武蔵野公会堂にて初のホールワンマンライブ『ぼくを最終兵器にしたのはきみさ』を開催[17]
  • 11月30日、資生堂の医薬品リップクリーム「モアリップ」のWeb CMにて、企画ユニット・モアリップスのオリジナル曲「ひび割れない 日々」のリリックと歌唱を担当[18][19]

2018年編集

  • 2月28日、初の楽曲提供となる東京女子流の24thシングル『ラストロマンス』(作詞・作曲・編曲)がリリース[20]。作家としても活動開始。
  • 3月2日、auひかりのWeb CMに出演しプロレスラーの蝶野正洋と共演。ラップとダンスを担当[21]
  • 4月6日、台湾・鵝鑾鼻公園にて野外音楽フェス『Spring Scream 2018』に出演[22][23]
  • 4月11日、1stフルアルバム『春と修羅』をリリース[24][25]
  • 6月26日、渋谷チェルシーホテルにて自主企画イベント『ロックンロールは死なない』を開催[26]
  • 7月28日、台湾・福隆海水浴場にて『2018新北市貢寮國際海洋音樂祭』に出演[23]
  • 8月29日、前年に映画主題歌として書き下ろした『kick in the world』を2ndシングルとしてリリース[27][23]
  • 8月31日、アメリカの著名音楽情報サイトStereogumが「kick in the world」を“THE 5 BEST SONGS OF THE WEEK”でNo.1ソングに選出[28]
  • 10月7~8日、台湾・淡水文化園區にて『巨獸搖滾音樂祭8.0 BEASTIE ROCK』[29]、Revolverにて『Kick in the Beastie』に出演[30]
  • 11月12日、渋谷LOFT HEAVENにてアーバンギャルド松永天馬とのツーマンライブ『KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR』に出演[31]

2019年編集

  • 1月12日、マレーシア・クアラルンプールにて『City Roars! Festival 2019』に出演[32][33]
  • 1月26日、台湾・花博公園にて『覺醒大暖祭 2019』に出演[34]
  • 3月、後藤まりこと共同で初のアジアツアー『Hello!你好!こんにちは! ASIA TOUR 2019』を敢行。香港・上海・北京・台湾のライブイベントに出演[35]
  • 4月26日、1stフルアルバムのアナログ盤『HARU TO SHURA』をフランスのレーベルからリリース[36]
  • 5~6月、初のヨーロッパツアー『HARU NEMURI 'Haru to Shura' European Tour 2019』にてドイツ・フランス・スペイン・オランダ・イギリスの複数公演に出演予定[37][34]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

# リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 備考
1 2017年09月20日 はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて CD PMEL-0007
2 2018年08月29日 kick in the world CD TO3S-0005 映画「; the eternal / spring」主題歌

配信限定シングル編集

# リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 備考
1 2017年12月20日 buzz light ear デジタル配信 DISCC-3710 春ねむり×sry the lateman名義
2 2018年09月26日 i wanna TO3S-0009
3 2018年10月12日 東京(Ewig Wiederkehren) TO3S-0011

フルアルバム編集

# リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 備考
1 2018年04月11日 春と修羅 CD - 通常盤
CD+DVD - 初回限定盤
PMFL-0008
PMFL-9001
初回限定盤DVDは2017年10月26日
武蔵野公会堂ホールのライブ映像を収録
2019年04月26日 HARU TO SHURA <European vinyl version> CD SPCFC045 アナログ盤をフランスのレーベルからリリース

ミニアルバム編集

# リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 備考
1 2016年10月12日 さよなら、ユースフォビア CD LHWCD-0041
2017年03月03日 かいぶつたちのいるところ CD DISCA-3710 前年の「さよなら、ユースフォビア」より
"怪物" のリミックスを収録
2 2017年06月07日 アトム・ハート・マザー CD DISCB-3710

提供作品編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b BIO”. 春ねむりofficial site. 2019年3月23日閲覧。
  2. ^ 行方不明をおやすみして、ラッパーになりました 春ねむりです よろしくお願いします”. 春ねむり HARU NEMURI - Twitter. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ BAYCAMP2016のTIP OFF ACT発表!”. BAYCAMP2016. 2019年5月2日閲覧。
  4. ^ 春ねむりJ-POPをぶっ壊す爆発MV、トラックメイクは蔦谷好位置”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  5. ^ スタッフ日記309”. 蔦谷好位置オフィシャルブログ. 2019年5月2日閲覧。
  6. ^ イク天【バトル14】春ねむり vs 玉手初美(2勝中)《12月23日OA》”. 古坂大魔王と大石参月の「イクゼ、バンド天国!!」. 2019年5月2日閲覧。
  7. ^ 現役慶応生ラッパー・春ねむり、デビュー3ヶ月で初のワンマンライブ開催”. Diggity. 2019年5月2日閲覧。
  8. ^ 出演アーティスト”. BAYCAMP201701. 2019年5月2日閲覧。
  9. ^ 春ねむり 6/2放送の『バズリズム』に出演決定”. indiegrab. 2019年5月2日閲覧。
  10. ^ ポエトリーラッパー春ねむり セカンドアルバム『アトム・ハート・マザー』リリース記念「春ねむり」×LOFT9 Shibuya「cafe9」=コラボレーションカフェ「喫茶 春ねむり」”. Rooftop. 2019年5月2日閲覧。
  11. ^ 春ねむり - Skream! インタビュー”. Skream!. 2019年5月2日閲覧。
  12. ^ 【タワレコメン】邦楽 2017年6月は、シャムキャッツ、春ねむり、SHE IS SUMMERの3組が選出”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年5月2日閲覧。
  13. ^ 「つくばロックフェス」にZAZEN BOYSら19組追加”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  14. ^ 8/6(日)10:00〜 BUZZ STAGE出演、春ねむり!”. rockinon.com. 2019年5月2日閲覧。
  15. ^ 芋生悠の主演映画、主題歌は春ねむりだった”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  16. ^ 春ねむり新曲公開、MV監督は作曲手がけた後藤まりこ”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  17. ^ 春ねむり、初のホールワンマン「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  18. ^ ライムベリーMIRI、春ねむりら女性ラッパー4人が資生堂プロモ企画でユニット結成”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  19. ^ モアリップス『ひび割れない日々』MOILIPS クスリと笑おう モアリップ”. 資生堂. 2019年5月2日閲覧。
  20. ^ a b 東京女子流 ラストロマンス Special Interview”. 東京女子流* オフィシャルサイト. 2019年5月2日閲覧。
  21. ^ 蝶野正洋が出演するauひかりのCMでラップしている女性は?”. CDJournal. 2019年5月2日閲覧。
  22. ^ 春ねむり、初海外ライブで台湾の野外音楽フェス「Spring Scream 2018」に出演”. A-FILES. 2019年5月2日閲覧。
  23. ^ a b c 春ねむり 海外での評価も急上昇 “うたう最終兵器”が挑み続ける破壊と再生”. TuneCore Japan - THE MAGAZINE. 2019年5月2日閲覧。
  24. ^ 春ねむり「春と修羅」インタビュー”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  25. ^ 【インタビュー】春ねむり、強いこだわりと独自の感性、唯一無二の魅力を湛えた一作『春と修羅』”. BARKS. 2019年5月2日閲覧。
  26. ^ 春ねむり自主企画「ロックンロールは死なない」に下津光史追加”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  27. ^ 春ねむり新シングル詳細、HELLZAVIELERJPとthe twentiesがリミックス参加”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  28. ^ The 5 Best Songs Of The Week - August 31, 2018”. Stereogum. 2019年5月2日閲覧。
  29. ^ 春ねむり、9月26日に前作からわずか1ヶ月で新シングル『i wanna』配信リリース決定。10月には台湾野外フェス「巨獸搖滾音樂祭8.0」にも出演”. UROROS. 2019年5月2日閲覧。
  30. ^ 急遽明日台湾でワンマン開催決定”. 春ねむり HARU NEMURI - Twitter. 2019年5月2日閲覧。
  31. ^ 松永天馬×春ねむり - この世で一番美しいディストピア”. Rooftop. 2019年5月2日閲覧。
  32. ^ Lineup - HARUNEMURI”. City ROARS! FESTIVAL. 2019年5月2日閲覧。
  33. ^ Show on Malaysia”. 春ねむり HARU NEMURI - Twitter. 2019年5月2日閲覧。
  34. ^ a b 春ねむり、ヨーロッパツアー開催決定。ドイツ・スペイン・オランダの20万人級巨大フェスなどに出演”. UROROS. 2019年5月2日閲覧。
  35. ^ 春ねむり×DJ後藤まりこツアーに台湾と東京追加、ファイナルはワンステージ&ノンストップ”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  36. ^ 春ねむりの1stフルアルバム「春と修羅」アナログ化、フランスのレーベルより発売”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  37. ^ 春ねむり、スペイン最大級の音楽フェス出演含むヨーロッパツアー決定”. 音楽ナタリー. 2019年5月2日閲覧。
  38. ^ ヨネコ、春ねむり提供曲「火星の恋人」のMV公開。アイドルと大天使のヨネコが歌い踊る”. UROROS. 2019年5月2日閲覧。

外部リンク編集