メインメニューを開く

松永 天馬(まつなが てんま、本名同じ[1]1982年[2]8月12日[3] - )は、東京都[3]江東区[要出典]生まれの日本ミュージシャン作家詩人俳優映画監督である。日本のポップロックバンド・アーバンギャルドのヴォーカル、コンセプター、リーダーである。

目次

来歴編集

  • 2000年代中盤頃より、学生時代からの詩や演劇、映像での活動を経てアーバンギャルドをスタート。
  • 2001年 - 東京都立九段高等学校卒業[4]
  • 2005年 - 同志社大学神学部卒業[3]。在学中に早稲田大学第一文学部ロシア語ロシア文化専修(当時)に国内留学し[3]ロシア文学を学び、ウラジーミル・ソローキンなどのアバンギャルド作家に感銘を受ける[5]
  • 2011年 - 『スカート革命』でメジャーデビュー[6]
  • 2013年 - 『死んでれら、灰をかぶれ』で小説家デビュー[7]S-Fマガジンを中心に短編を掲載し、2015年初の書籍『自撮者たち』を早川書房より刊行[8]
  • 2014年よりソロ名義のライヴも開始。翌年ソロバンドを「松永天馬と自殺者たち」と命名[9]
  • 2015年 - NHK Eテレ『Let's天才てれびくん』で初のテレビ番組レギュラー出演。
  • 2016年 - NHK BSプレミアムシリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』(主演:満島ひかり)でドラマ初出演[10]
  • 2016年 - アーバンギャルドの楽曲をモチーフにした短編集『少女か小説か』[11]集英社より刊行[12]
  • 2017年 - 「ラブハラスメント」[13]をリード曲に、ソロデビューアルバム『松永天馬』[14]を発売。初のソロワンマン「Blood,Semen,and Death.」開催。
  • 2017年 - ソロアルバムのために初のショートフィルム『血、精液、そして死』[15]を監督脚本音楽主演。冨手麻妙を助演に迎える。
  • 2017年 - MOOSICLAB2017の招待プログラム「松永天馬映画祭」のために新作『カメラ×万年筆=夏』に主演、共同脚本。姫乃たまW主演。
  • 2018年 - 『松永天馬』収録の全曲をMVにし『カメラ×万年筆=夏』を加えたヴィデオ作品『見る、松永天馬』[16]を発売。阿知波妃皇ら出演。
  • 2018年 - 年内に100作品を制作する「松永天馬100作品」[17]プロジェクトを掲げ、達成した。
  • 2018年 - MOOSICLAB2018長編コンペ作品として初の長編映画にして監督脚本音楽主演作品「松永天馬殺人事件」を提出。4DXならぬ"4DIEX"仕様を謳った内容は観客の度肝を抜き、男優賞、ミュージシャン賞に加え急遽新設された「松永天馬賞」を受賞。

詩のボクシングの優勝歴編集

2001年以降、数回にわたって詩のボクシングで優勝経験あり。

  • 2001年 - 第2回大学生詩のボクシング(第2回日本フェザー級王座決定戦)優勝[18]
  • 2001年 - 詩のボクシングin自主法政祭 優勝[19]
  • 2004年 - 選抜式詩のボクシング全国大会in沖縄[20]優勝
  • 2014年 - 選抜式詩のボクシング全国大会in北海道湧別町[21]優勝
  • 2015年 - 詩のボクシング世界ライト級王座 6代目チャンピオン[22]

人物編集

ソロミュージシャンとしては、男性の自意識を歌う「いま、もっとも気持ち悪い男」。

バンドではすべての作詞を担当し楽曲のほか、アートワークやMV監督、詩の朗読なども手掛ける。

また教育方面での活動も行い、これまでに慶應義塾大学[23]明治大学[24]での特別講師としての講義やNHK文化センターでの特別講座「松永天馬・言葉の世界」(2016年10月期に京都教室[25]、2017年4月期に青山教室、2018年1月期に名古屋教室。)[26]などで教鞭をとっている。

楽曲や文章の作風は過去の文芸作品、音楽作品、サブカルチャーなどからの膨大な引用を得意とし、ポップかつ実験的である[27]

また詩の朗読などの経験から、書き言葉であっても音韻にこだわった文体が特徴とされる[28]

音楽ではムーンライダーズ筋肉少女帯ピチカートファイブを初めとする渋谷系SPANK HAPPY(第二期)などの影響を強く受ける。

血液型A型[3]。好きな色はピンク[29]

著作編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  1. 松永天馬(2017年7月26日)
    1. キスマーク/唇
    2. Blood,Semen,and Death.
    3. ラブハラスメント
    4. 天馬のかぞえうた
    5. ぼくらの七日間恋愛
    6. ハートマーク/心臓
    7. 身体と歌だけの関係
  2. 生欲(2019年9月4日発売予定)
    1. 生欲
    2. ポルノグラファー
    3. 生転換
    4. 好きな男の名前 腕にコンパスの針でかいた(面影ラッキーホール・現O.L.Hのカヴァー)
    5. プレイメイト
    6. T字架
    7. ナルシスト
    8. ピンクレッドⅦ(いまみちともたかプロデュース)

楽曲提供など編集

フィルモグラフィ編集

映画編集

  • 脱がない男(2019,松永天馬)朗読詩・音楽・主演
  • 松永天馬殺人事件(2018,松永天馬)監督・脚本・音楽・主演[43]
  • カメラ×万年筆=夏(2017,ふっくん)脚本(共作)・主演
  • 血、精液、そして死(2017,作家,編集者)監督・脚本・音楽・主演

ビデオ編集

  • 見る、松永天馬(2017)主演

テレビ編集

ウェブテレビ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 夏空HANABIに収録。

出典編集

  1. ^ urbangardeの2012年3月14日のツイート2017年2月1日閲覧。
  2. ^ web 集英社文庫”. 集英社. 2017年2月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e プロフィール - アーバンギャルド - 徳間ジャパン”. 徳間ジャパンコミュニケーションズ. 2017年1月27日閲覧。
  4. ^ urbangardeの2013年11月23日のツイート2017年1月27日閲覧。
  5. ^ 四方宏明 (2007年5月28日). “童貞処女へ告ぐ~アーバンギャルド (全文) [テクノポップ] All About”. オールアバウト. 2017年1月27日閲覧。
  6. ^ アーバンギャルドがメジャー進出!デビュー曲で革命起こす - 音楽ナタリー”. ナタリー (2011年5月17日). 2017年1月27日閲覧。
  7. ^ アーバンギャルド松永天馬「S-Fマガジン」で小説家デビュー - 音楽ナタリー”. ナタリー (2013年4月24日). 2017年1月27日閲覧。
  8. ^ 松永天馬(アーバンギャルド)、10-22(木)に初の著作集『自撮者たち 松永天馬作品集』刊行決定”. 激ロックエンタテインメント (2015年10月13日). 2017年1月27日閲覧。
  9. ^ アーバンギャルド (2015年5月22日). “松永天馬新ソロユニット「松永天馬と自殺者たち」出演!|アーバンギャルド・オフィシャルブログ URBANGARDE OFFICIAL BLOG Powered by Ameba”. 2017年1月27日閲覧。
  10. ^ 松永天馬が「D坂の殺人事件」でテレビドラマ初出演、明智小五郎役は満島ひかり - 音楽ナタリー”. ナタリー (2015年12月11日). 2017年1月27日閲覧。
  11. ^ “[http://bunko.shueisha.co.jp/serial/matsunaga/ web �W�p�Е���]”. bunko.shueisha.co.jp. 2018年12月20日閲覧。
  12. ^ 松永天馬の連載小説「少女か小説か」書籍化、書き下ろし3編も収録 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2016年3月23日). 2017年1月27日閲覧。
  13. ^ Inc, Natasha. “アーバンギャルド松永天馬、初のソロMVは全編モノクロ” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年12月20日閲覧。
  14. ^ Inc, Natasha. “アーバンギャルド松永天馬、初のソロアルバムで“男”を歌う” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年12月20日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “松永天馬、サイレント映画の世界を描いた「Blood,Semen,and Death.」MV” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年12月20日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “松永天馬のソロ映像作品集「見る、松永天馬」リリース、姫乃たまやそれいゆも登場(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年12月20日閲覧。
  17. ^ Temma Matsunaga | 100WORKS” (英語). 松永天馬 Temma Matsunaga Official Web SHIT!. 2018年12月20日閲覧。
  18. ^ 詩のボクシング・トーナメント”. 日本朗読ボクシング協会. 2017年1月27日閲覧。
  19. ^ 楠かつのり (2001年11月23日). “コミッショナー-気紛れ日記”. 2017年1月27日閲覧。
  20. ^ 選抜式「詩のボクシング」全国大会”. 日本朗読ボクシング協会. 2017年1月27日閲覧。
  21. ^ アーバンギャルド松永天馬、詩のボクシング全国大会で優勝 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2014年5月27日). 2017年1月27日閲覧。
  22. ^ アーバンギャルド松永天馬、詩のボクシング世界ライト級王座6代目チャンピオンに UROROS”. UROROS (2015年11月5日). 2017年1月27日閲覧。
  23. ^ 慶應義塾大学文学部英米文学専攻巽ゼミ公式ホームページ 04-14:明日の「聖と俗」にて、アーバンギャルドの松永天馬先生が「J-POPと病」と題し、ご講義してくださいます!@三田キャンパス西校舎512番教室 1045-1215(巽先生司会)”. 慶應義塾大学文学部英米文学専攻巽ゼミ (2015年4月13日). 2017年1月27日閲覧。
  24. ^ フラッシュ☆おでこちゃん. “あかるいオデコが世界を変えたら”. 2017年1月27日閲覧。
  25. ^ https://ameblo.jp/zeneitoshi/entry-12191758968.html
  26. ^ NHK文化センター京都教室:11-13 松永天馬・言葉の世界 好奇心の、その先へ NHKカルチャー”. NHK文化センター. 2017年1月27日閲覧。
  27. ^ 改訂木魚 (2016年4月13日). “日本人の死生観が込められたアーバンギャルドの『ワンピース心中』 歌詞検索UtaTen(うたてん)”. IBGメディア. 2017年1月27日閲覧。
  28. ^ 姫乃たま (2016年8月4日). “姫乃たま、松永天馬に作詞のコツを教わる「新しい自分の一面に出会って、掘り下げていかないと」 Real Sound|リアルサウンド”. 株式会社blueprint. 2017年1月27日閲覧。
  29. ^ 第2回 アーバンギャルド 松永天馬 〜 男子、ピンクを着るべし 〜 asianbeat”. アジアユースカルチャーセンター (2016年4月15日). 2017年1月27日閲覧。
  30. ^ 自撮者たち 松永天馬作品集 松永 天馬, トレヴァー・ブラウン 本 通販 Amazon”. Amazon.co.jp. 2017年1月27日閲覧。
  31. ^ 少女か小説か (集英社文庫) 松永 天馬, 宮崎 夏次系 本 通販 Amazon”. Amazon.co.jp. 2017年1月27日閲覧。
  32. ^ 写真詩集『スクールガール・トラウマ』 松永天馬(アーバンギャルド), 浜崎容子(アーバンギャルド), 青山裕企 本 通販 Amazon”. Amazon.co.jp. 2017年1月27日閲覧。
  33. ^ 松永天馬(アーバンギャルド)、初制作の児童合唱曲が全日本少年少女合唱祭全国大会全体合唱曲に決定”. 激ロックエンタテインメント (2016年7月8日). 2017年1月27日閲覧。
  34. ^ バンもん!夏の新作にNAOTO、奥脇達也、松永天馬ら豪華作家陣 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2016年7月15日). 2017年1月27日閲覧。
  35. ^ アーバンギャルド提供の“超次元帝国アイドル”歌う「天才てれびくん」挿入歌MV完成 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2016年10月10日). 2017年1月27日閲覧。
  36. ^ 黒宮れい率いる中学生バンドBrats、松永天馬提供曲のMV公開 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2015年11月22日). 2017年1月27日閲覧。
  37. ^ たんきゅんデモクラシー、松永天馬作詞&MV出演の新曲を本日発表 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2015年12月16日). 2017年1月27日閲覧。
  38. ^ カップリングはアーバンギャルド曲!すみぺ新シングル詳細 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2014年1月24日). 2017年1月27日閲覧。
  39. ^ 南波志帆+タルトタタン=THE NANBATATINがCDデビュー - 音楽ナタリー”. ナタリー (2013年12月15日). 2017年1月27日閲覧。
  40. ^ a b 野佐怜奈、Xmasシングルはアーバン松永天馬×ハジメタル - 音楽ナタリー”. ナタリー (2013年11月19日). 2017年1月27日閲覧。
  41. ^ a b PASSPO☆、新アルバムにHAWAIIAN6安野、アーバン松永 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2013年11月15日). 2017年1月27日閲覧。
  42. ^ a b アーバンギャルド (2012年7月20日). “【福音】ムーンライダーズ岡田徹氏プロデュース新チロリンにアーバンギャルド浜崎容子松永天馬参加!|アーバンギャルド・オフィシャルブログ URBANGARDE OFFICIAL BLOG Powered by Ameba”. 2017年1月27日閲覧。
  43. ^ 松永天馬殺人事件” (2018年12月21日). 2018年12月21日閲覧。
  44. ^ アーバンギャルド松永天馬「天才てれびくん」の新レギュラーに - 音楽ナタリー”. ナタリー (2015年3月16日). 2017年1月27日閲覧。

外部リンク編集