メインメニューを開く

時川 英之(ときがわ ひでゆき、1972年11月3日[1] - )は、日本映像作家映画監督広島県広島市生まれ。広島市に拠点を置いて活動[2]

ときがわ ひでゆき
時川 英之
時川 英之
時川英之「シネマの天使」撮影時
本名 時川英之
生年月日 (1972-11-03) 1972年11月3日(46歳)
出生地 日本の旗 日本広島県広島市
身長 175cm
血液型 O型
職業 映画監督、映像作家
ジャンル 映画、テレビ、脚本
事務所 TimeRiver Pictures 株式会社
公式サイト http://timeriver.jp
主な作品
映画
ラジオの恋』(監督・脚本・編集)
シネマの天使』(監督・脚本・編集)
鯉のはなシアター』(監督・脚本・編集)

目次

来歴編集

広島市生まれ。広島県立国泰寺高校(平成3年卒[3])を経て明治大学政治経済学部卒業[4]カナダのバンクーバー・フィルムスクールで本格的に映画を学ぶ。[5]

ディスカバリーチャンネル・アジア(シンガポール)、ウォルト・ディズニー・テレビジョン(東京)で多くの番組にプロデューサー/ディレクターとして携わる。

その後、映画監督の岩井俊二に師事し、日韓W杯ドキュメンタリー『六月の勝利の歌を忘れない』、映画『花とアリス』などに参加する。

映画を中心に、ドキュメンタリー、TVCM、ミュージックビデオなど幅広いジャンルの映像作品を手がけ、その国際色豊かな経験からユニークな作品を作り出している。

2009年7月1日 TimeRiver Pictures 株式会社を設立。[2]

初監督作品 映画『ラジオの恋』は低予算で制作された作品にも関わらず、広島で記録的なロングランとなり全国公開へと展開した。[6]

映画『シネマの天使』は、広島県福山市に122年続いた映画館・大黒座が閉館することがきっかけとなり作られた作品。[7]

2018年4月21日、映画『鯉のはなシアター』が、島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭で初上映[8]

2018年9月7日、映画『鯉のはなシアター』が広島先行公開[9][10][11]

2018年9月24日、映画『鯉のはなシアター』が広島国際映画祭2018“ヒロシマ平和映画賞”を受賞[12]

2019年7月15日、映画『彼女は夢で踊る』が横川シネマで広島先行公開予定。

人物編集

  • 映画好きな父親の影響を受け小学6年生からカメラを回し始め、中学生の頃にはクラスの友人たちと短編映画を作っては教室で上映していた[13]
  • 広島に戻ってすぐラジオパーソナリティ横山雄二と出会い一緒に映画を作ろうと言うことになり、何週間も居酒屋に通いいくつかの企画書を書いたが、やはり横山のラジオの裏話が一番面白いということになった。そして改めて横山からラジオの実話を取材し、映画「ラジオの恋」の脚本を書いた[13]
  • 福山市に122年続いた映画館・大黒座が閉館することが決まり、映画館スタッフから閉館前に何か撮影して欲しいと相談され、時川監督が映画館の物語を映画にしてはどうかと提案したことから映画「シネマの天使」が制作される[15]
  • 広島の平和に関する短編映画「どうして広島に来たの? Why Did You Come To Hiroshima?」を時川監督の米国の友人がオバマ大統領のツイッターに送った。その後、2016年オバマ大統領が広島に訪問した際の公式スピーチで「なぜ私たちが広島に来たのか?」と何度も問いかけ、それが彼のスピーチの柱となっていたことから、実際にオバマがその短編映画を観たのではないかという推測がある[16]

映画編集

  • ラジオの恋』(2012年製作、2014年2月1日劇場公開 アークエンタテイメント)監督・脚本・編集[17] 初監督作品映画
    広島ダマー映画祭2012 招待作品、シネマヴェルデ2013 観客賞、グリーンベイ映画祭、フォートマイヤーズ映画祭ノミネート
  • シネマの天使』(2015年11月7日公開 東京テアトル)- 監督・脚本・編集[18]
    モンテルーポ・フィオレンティーナ国際映画祭 「監督賞」「作品賞」 [19] LA Cinema Festival of Hollywood映画祭 「ベスト長編映画賞」受賞 Intendence 映画祭 「映画祭最高賞」「観客賞」「審査委員賞」受賞、ハワイ国際映画祭正式招待作品、ダラス・アジア映画祭正式招待作品、カンサス国際映画祭招待作品
  • 鯉のはなシアター』(2018年9月7日公開)- 監督[8]・脚本・編集
    第10回沖縄国際映画祭 出典作品
  • 彼女は夢で踊る』(2019年7月15日広島先行公開予定)- 監督・脚本・編集[20]

ショートフィルム編集

  • 「ドリーム」(カナダ)監督・脚本
  • 「ブルーヘッドモンスターフロムプラネット66」(シンガポール)監督・脚本
    ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、みちのく映画祭、水戸短編映画祭
  • 「ロード・トゥー・アウェイゲーム」監督・脚本 [21]
    アシアナ国際映画祭招待作品
  • 「広島の先生たちの物語 Teachers of Hiroshima」(2013年)監督 ※ドキュメンタリー短編作品
    広島国際映画祭 上映
  • 「どうして広島に来たの? Why did you come to Hiroshima?」(2013年)監督・編集・英語ナレーション ※ドキュメンタリー短編作品
    広島ダマー映画祭2013 ヒロシマEYE上映
  • 「スマイルタウン 平野町」(2017年)監督・脚本・編集 [22]

ドラマ編集

  • 「イーティングメモリー」(1999)(シンガポール) 監督・脚本
    アジアTVアワード 2000 ベストイノーベーション賞入選
  • 「謎の転校生」 (2015) オープニング監督

ドキュメンタリー編集

  • 「六月の勝利の歌を忘れない」 岩井俊二監督作品(2002)プロデューサー
  • 「WHO I AM」「ダニエル・ディアス」(水泳 ブラジル)総合演出 [23]
  • 「WHO I AM」「リカルド・アウヴェス」ブラインドサッカー 総合演出 [24]
  • 「旅のチカラ/草刈民代 イタリア・ベネチア」(NHK)監督 [25]
  • 「心をひとつに 松田聖子&ボブ・ジェームス 東北に歌う」(NHK)監督 [26]
  • 「パリで逢いましょう」(BS日テレ)監督
    フランス ルポルタージュ大賞 TV部門
  • 「海に沈んだ写真の記憶」(ディスカバリーチャンネル)監督・プロデューサー [27]
    アジアTVアワード 2012 ベスト監督賞、ベスト編集賞、時事問題番組賞入選
  • 「ザ・モックバスター 〜華麗なる模倣映画の世界」監督
  • 「3D映像最前線 ~アメリカと日本のサバイバル」監督
  • 「クエスト/ハリウッド生きる日本人」監督
  • 「CG進化論」監督
  • 「スモウキッズ」監督・プロデューサー
  • NHKスペシャル新シルクロード」 再現映像撮影監督 (中国)
  • 「サイエンス ジャパン」(ディスカバリーチャンネル)監督・プロデューサー

TV CM編集

  • 「大京 広島グランテラス」
  • 「Panasonic 電動自転車」
  • 「日興ホーム」
  • 「メガネの田中」本通りダンス編 TV webCM [28]
  • 「Global Kids」Web CM [29]
  • 「國學院大学」TV webCM(黒澤はるか[30]
  • 「Team Xevo ダイワハウス」Web documentary
  • 「創建ホーム」TVCM
  • 「横川シネマ」WebCM
  • 「ジュンテンドー」TV webCM
  • 「木でつくる広島」広島県材木組合 TV webCM
  • 「ネスカフェ アンバサダー 秋」(中川翔子)TVCM
  • 「ネスカフェ アンバサダー 夏」(大和田美帆)TVCM
  • 「カーセブン/こりん星進出」(小倉優子)TVCM
  • 「セディナゴールドカード」TVCM
  • 「USドラマ『GLEE』」TVCM
    2010PromaxAsiaアワードベストプロモ賞 金賞
    2010PromaxAsiaアワードベストシリーズプロモ賞 金賞

Music Video編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 横山雄二著『生涯不良』(ザメディアジョン 2015年5月15日発行)p127 tokikawa hideyuki profile. 2018年10月30日閲覧。
  2. ^ a b COMPANY│TimeRiver PICTURES INC.2018年3月12日閲覧。
  3. ^ a b 鯉城東京同窓会ブログ「卒業生(H3)の時川英之監督映画『ラジオの恋』が全国公開」”. 鯉城東京同窓会 (2014年12月28日). 2019年7月17日閲覧。
  4. ^ 映画監督・時川英之氏(政治経済学部卒)の最新作『シネマの天使』が全国公開されます.明治大学(2015年10月12日).2018年3月12日閲覧。
  5. ^ OKWAVE Stars Vol.500 映画監督 時川英之.OKWAVE(2015年11月5日).2018年3月12日閲覧。
  6. ^ 広島の人気アナ横山雄二、「ラジオの恋」東京公開に感無量!.映画.com(2015年2月21日).2016年11月23日閲覧。
  7. ^ 122年続いた映画館が取り壊し…実在した映画館が主役の物語「シネマの天使」制作秘話.日刊SPA!(2015年10月24日).2016年11月23日閲覧。
  8. ^ a b 「鯉のはなシアター」映像化決定!~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~.広島ホームテレビ.2018年3月12日閲覧。
  9. ^ チュート徳井義実が主演、オール広島ロケ映画「鯉のはなシアター」”. 広島ニュース 食べタインジャー (2018年7月31日). 2018年9月2日閲覧。
  10. ^ TJ Hiroshima2018年9月号 P18.2018年9月8日閲覧。
  11. ^ 「鯉のはなシアター」公開 カープ秘話と支えた市民 広島出身の時川監督 9月7日からイオンシネマ2館で”. 西日本タイムス (2018年8月31日). 2018年9月8日閲覧。
  12. ^ 「ヒロシマ平和映画賞」は『鯉のはなシアター』に決定!│広島国際映画祭│HIFF”. 広島国際映画祭実行委員会 事務局 (2018年9月24日). 2018年9月24日閲覧。
  13. ^ a b c 横山雄二著「生涯不良」(2015年5月、ザメディアジョン) 2016年11月23日閲覧。
  14. ^ 鯉城蹴球団 HF魂│二木会.2018年3月12日閲覧。
  15. ^ 天使が微笑みかける時 『シネマの天使』舞台挨拶レポート.CINEMA COLORS(2015/11/08).2016年11月23日閲覧。
  16. ^ 2016年10月中国新聞 2016年11月23日閲覧。
  17. ^ 映画「ラジオの恋」公式サイト.2016年11月22日閲覧。
  18. ^ 藤原令子&本郷奏多主演作「シネマの天使」老舗劇場の閉館惜しむ予告完成”. 映画.com (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
  19. ^ http://www.montelupofilmfest.com/2016-schedule-winners/ 2016年11月22日閲覧。
  20. ^ TJ hiroshima 2017年10月15日閲覧。
  21. ^ http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-44169 2016年11月22日閲覧。
  22. ^ ショートムービー「スマイルタウン 平野町」.lionsmansionTV.2017年10月15日閲覧。
  23. ^ http://www.wowow.co.jp/documentary/whoiam/lineup/daniel/ 2016年11月22日閲覧。
  24. ^ http://mainichi.jp/articles/20161122/dyo/00m/200/009000c 2016年11月22日閲覧。
  25. ^ https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=200-20150204-10-28733 2016年11月22日閲覧。
  26. ^ http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/36922/149879/ 2016年11月22日閲覧。
  27. ^ https://japan.discovery.com/rejapan/program-02.html 2016年11月22日閲覧。
  28. ^ https://www.tanaka-megane.co.jp/special/honten_open2016/ 2016年11月22日閲覧。
  29. ^ https://www.youtube.com/watch?v=v62-CfWv4uw 2016年11月22日閲覧。
  30. ^ https://www.youtube.com/watch?v=g-ZJjHEemMA 2016年11月22日閲覧。
  31. ^ 松山千春「初雪」【Official Music Video】監督https://www.youtube.com/watch?v=POxZMhgvP0c 2017年10月18日閲覧。

外部リンク編集