メインメニューを開く

市井 昌秀(いちい まさひで、1976年4月1日 - )は日本の映画監督富山県射水市出身。妻は女優今野早苗

目次

来歴・人物編集

富山県立富山中部高等学校関西学院大学卒業。漫才グループ「髭男爵」の元メンバー[1]で、大学在学中からお笑い芸人を目指して活動していた。「髭男爵」以前には笑い飯哲夫とのコンビ「スキップ」の初代ツッコミを担当していた[2]東京NSC3期生だが、中退している。

その後、劇団東京乾電池の研究生を経て、映画学校ENBUゼミナールに入学し映画製作を学ぶ。2004年にゼミナールを卒業、その後の長編2作が立て続けに映画祭の賞を受賞し注目を集める。

監督作品・受賞歴編集

  • 房総(2004年/DV/カラー/25分)
  • 隼(2005年/DV/カラー/73分)
第28回ぴあフィルムフェスティバル(2006年)準グランプリ&技術賞[3]
香港アジア映画祭(2007年)コンペティション部門「New Talent Award」グランプリ
第30回ぴあフィルムフェスティバル(2008年)グランプリ&技術賞&Gyao賞[4]
第13回釜山国際映画祭(2008年)新人監督作品コンペティション部門最高賞(ニュー・カレンツ・アワード)[5]
第59回ベルリン国際映画祭 フォーラム部門正式出品
第54回日本映画監督協会新人賞
第52回ギャラクシー賞 奨励賞
平成27年日本民間放送連盟賞 テレビドラマ部門 優秀賞[6]
東京ドラマアウォード2015 単発ドラマ部門・優秀賞[7]

注釈編集

  1. ^ 時事ドットコム「髭男爵 元メンバーの栄誉に「髭男爵をやめてよかった…」」2008年10月11日
  2. ^ 「笑い飯全一冊」 ISBN 978-4-8470-1920-3 哲夫一万二千字インタビュー より
  3. ^ PFF2006年各賞
  4. ^ PFF2008年各賞
  5. ^ AFPBB News「釜山国際映画祭、市井昌秀監督の『無防備』が最高賞受賞」2008年10月11日
  6. ^ テレ東『家、ついて行ってイイですか?』最優秀賞 レギュラー化に追い風”. ORICON (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  7. ^ 『天皇の料理番』が4冠獲得 「東京ドラマアウォード2015」”. ORICON STYLE (2015年10月21日). 2015年10月21日閲覧。
  8. ^ 中島裕翔、初の恋愛映画主演!「僕らのごはんは明日で待ってる」ヒロインは新木優子”. 映画ナタリー (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  9. ^ セクゾ佐藤勝利&橋本環奈W主演、小説「ハルチカ」シリーズを実写映画化”. 音楽ナタリー (2016年3月17日). 2016年3月17日閲覧。

外部リンク編集