時差式信号機(じさしきしんごうき)とは、道路に設置される交通信号機の一種で、対面交通の道路でいずれか一方の通行時間を延長する信号機。右折する車両が多い交差点や連続した交差点などに設置され、個別に青信号になったりと、赤信号に変わる時間をずらして渋滞の改善を目的につくられた信号機である[1]

時差式信号機表示板(東京都)

日本における概要編集

主に右折する車両の多い交差点丁字路高速道路への入口、一方通行との交差点)や連続した交差点に設置されており、右折車線がある側の青信号の時間を延長することによって、渋滞の改善を図っている。後発式先発式右折車分離式などがある。

交差道路側に左折専用車線がある場合、時差作動中の間交差道路側は左矢印で左折のみ進行可能時間を延長する交差点も存在する。

後発式編集

 
時差式信号機(後発式表示板)(東京都)

両方向の信号が同時に青信号となり、右折車線のある方向の青信号が延長され、対向車線の信号は赤となる方式。一般的な方式である。

方式 サイクル
左が時差作動側 右が非作動側
アニメーション
左が時差作動側 右が非作動側
例1 青、青  
青、黄
青、赤
黄、赤
赤、赤
例2 青、青  
青、黄
青、赤
黄と↑→、赤
赤と↑→、赤
黄、赤
赤、赤
例3 青、青  
黄と↑、黄
赤と↑→、赤
黄、赤
赤、赤
例4 青、青  
黄と↑→、黄
赤と↑→、赤
黄、赤
赤、赤

先発式編集

右折車線がある側が先に青信号となり、対向車線は赤信号のままとなる方式。左折車線のある丁字路で比較的多く見られる。

 
時差式信号機(先発式表示板)(東京都)

全方向矢印を点灯させる場合、並行する横断歩行者や軽車両の安全確保の観点から対向車線側が青に変わる前に右折矢印のみまたは全矢印を一旦消灯させるものと、そのまま青にするものがある。

サイクル
左が時差作動側 右が非作動側
アニメーション
左が時差作動側 右が非作動側
赤と↑→、赤  
黄、赤
赤、赤
青、青
黄、黄
赤、赤

右折車分離式編集

この方式は、カーブなどで見通しが悪かったり、交通量が多く右折事故が多い場所などに設置される。 まず、時差作動側は↑又は←↑ 非作動側は通常通り 非作動側が赤になると、時差作動側が青又は全方向の矢印を点灯させる。また、T字路の交差点で非作動側が赤になった後作動側が全方向の矢印を点灯せず、右折矢印のみ点灯させる交差点も存在している。

サイクル
左が時差作動側 右が非作動側
アニメーション
左が時差作動側 右が非作動側
赤と↑、青  
赤と↑、黄
赤と↑、赤
青、赤
黄、赤
赤、赤

感応式編集

右折車線に設置された感知器で感知された場合のみ時差式となる。

表示板編集

時差式信号機ということを運転者に知らせる表示板は、各都道府県により違い、東京都石川県では四角形の市松模様が描かれた「時差式」、他県では、「時差式」・「時差式信号」・「時差式信号機」・「時差信号」など、多種多様である。また、時差作動信号だけに表示板を設置している県と、全信号に表示板を設置する県がある(例として近畿地方の場合、兵庫県では前者、大阪府京都府奈良県滋賀県和歌山県では後者)。

岐阜県では、「時差式」と書かれた表示板を使用している。大半の交差点は時差作動側、非作動側共に同じ色、フォントの表示板が使用されているが、一部例外の交差点もある。昭和(1988年(昭和63年)時点で設置確認)から2005年頃までに新設された交差点には青色の丸ゴシック体若しくは灰色のゴシック体のフォントのタイプが使用されている。これら2つの表示板は2006年以降更新された交差点は後述の表示版に変更され減少傾向ではあるが、2016年までにLEDに更新された交差点の一部は表示板のみ更新せず、引き続き青或いは灰色の表示板を使用している交差点も存在している。2017年以降は表示板も含めて更新される事が増えており、2005年以前の表示板が引き続き流用される事は殆ど無くなっている。

また以前は「時差式信号」と黒字で書かれた表示版(フォントは青色の時差式表示版と同じ)も設置されていたが、後述のLED灯器への更新によって「時差式」と書かれた表示板に更新され減少傾向ではあるが、2022年現在でもごく一部の交差点に設置されている。

2006年以降に新設、LED更新された交差点は線で囲んだ灰色のフォントの表示板に変更され、文字の大きさも従来より若干小さめのものと大きめのもの2種類になった。2016年以降は後述の表示板が設置されるようになり設置されない事も増えているが、全く設置されないわけではなく2022年現在でも引き続き設置されている。

2016年以降に新設、更新された交差点は再び表示板が変更され文字の大きさは2006年以降に設置された文字が小さめの表示板と似ているが、フォントの色は青色で太字の丸ゴシック体の「時差式」と書かれたものも設置されるようになった。2022年現在はこちらの表示板が主に設置される事が多く、一部では2006年以降に新設された表示板も交差点のLED灯器更新に伴いこちらの2016年以降の表示板に交換された交差点も存在する。また、2006年以降の灰色の表示板と2016年以降設置の青色の表示板が両方設置されている交差点も存在する。

岐阜県内の表示板の設置位置は信号灯器の上あるいは下(矢印がない場合のみ)、若しくは信号機の横(アームや地点標識の上或いは下)に設置される。補助灯器がある場合は基本的に主灯器のみ設置されるが、2005年以前に設置された交差点を中心に一部の交差点では補助灯器にのみ表示板が設置されたり、主灯器、補助灯器両方に表示板が設置されている交差点も存在する。なお2006年から2016年に新設、更新された交差点は一部の交差点を除いて過半数が信号機の横に表示板が設置されるようになっておりこの時期に設置された表示板は信号機の上或いは下に設置される事はあまりなかったが、2014年頃からはアーム上や地点標識上部に設置の場合、吊り上げて灯器上部に設置されている交差点も存在している。この方式は2017年以降も現在に至るまで使用されている。

歩車分離式と時差式信号機が併用されている交差点では歩車分離式表示板が灯器上部に設置され、時差式表示板が灯器横に設置される事が多いが、時差式表示板が灯器上部(或いは下部)、歩車分離式表示板が灯器横に設置されている交差点も一部に存在する。

基本的に表示版は横向きで設置されるが、飛騨地方など縦型の信号機が設置されている地域では信号機に合わせて縦型で表示板が設置されている交差点も存在する。(信号機が縦型でも表示版は横向きの箇所も存在する)

感応式信号と併用される場合、兵庫県では時差作動信号に「時差式信号」、感応側に「感知式」を設置しているが、奈良県では感応側に「時差信号」と「押ボタン信号」の両方を設置している。

時差式表示板の位置編集

都道府県によって違いがあるが、近畿地方の場合は基本的に表示板を信号機の上に設置している。信号機を交換・新設で設置したときは基本的に信号灯器の上に設置される。対向側の灯器の時差式表示の位置も同じである。

時差式信号の問題点(日本)編集

通常の時差式信号機の場合、右折車線側から対向車線の信号が分からないため、対向車線の信号が赤になったと勘違いして右折車両が発進し、対向車線の直進車両と衝突する事故が多い。

また、時差分離式の場合は、右折が時差作動までできないため、渋滞が発生するおそれがあることからあまり使用されていない。 そのため、以下のような改善策を採った交差点もある。

改善例編集

  • 時差式で全方向に行けることを明示するために、青信号にせず矢印信号を全方向に付ける方法。
    • この場合、「時差式」の表示板を設置しないことが多い。
  • 信号が黄→赤に変わる際に、右折車線のある側の方向には黄→赤の信号とともに全方向(直進と右折等)のないしは黄色のときは直進(・左折)のみ点灯させ、赤になってから右折の矢印信号を点灯させる方法。
    • 愛知県はこの方式である。同県内は後者が多くみられるが、そのほかに赤になってから数秒後に右折矢印を追加点灯させるものも少数みられる。この場合、矢印信号の無い方の信号機にだけ、「時差式」の表示板が設置される。
    • 兵庫県の一部の交差点は、時差作動時に「時差作動中」と表示するところがある。この場合、矢印は使用しない。
    • 岐阜県では一部の交差点を除き、長らく後発式の全方向矢印で時差作動中という事を表していた。この方式は1車線の場合(右折車線が無い場合)、直進(・左折)矢印が黄で点灯せず、赤になってから全点灯するのが見られる。2車線以上の場合(右折車線が有る場合)は通常の矢印制御(黄で直進(・左折)矢印が点灯するもの)である。2016年まではごく一部の交差点に先発式の時差式信号(作動側は全方向矢印)も存在したが、現在は後述の分離式にサイクルが変更されて岐阜県内では殆ど見かけなくなっている。見通しが悪かったり、交通量が多く青で右折するのが危険な交差点では右折車分離式を兼ねた時差式(作動側は赤+直進(・左折)矢印が点灯し、非作動側が赤になった後全方向若しくは右折のみの矢印を点灯するもの)も設置されている。なお、赤になってから全方向の矢印が点灯する方式は山梨県の一部でも見られる。しかし、2017年以降は新設、更新された交差点を中心に矢印灯器は設置されなくなっており、既存の交差点(LED更新前、既に更新後共に)でも矢印灯器のみ順次撤去或いは右折矢印のみに変更されつつある。(右折矢印のみの場合は時差式の表示板は設置されない)
    • 但し、先述の右折車分離式の時差式信号に関しては2017年以降LEDに更新された交差点でも引き続き全方向矢印が設置されており、新たに新設された交差点もある。また、2021年2月までは青から一旦作動側を完全に赤にして、暫くしてから全方向矢印を点灯しその後もう一度赤にした後青に切り替わるサイクルを使用している交差点もごく一部に存在していたが、現在は先述の理由で全方向矢印が撤去されている。十字路でかつ右折専用車線が無い交差点では2014年頃から片側交互通行形式(「分離式」という表示版が設置)のサイクルが導入された交差点があり、以前全方向矢印の時差式信号だった交差点がこちらの分離式にサイクル変更された交差点も存在する。(主に右折車線が無い十字路交差点が分離式に変更されている)
    • 滋賀県では右折車線がある交差点の場合は黄で直進(•左折)矢印が点灯し、赤になってから右折矢印が点灯するサイクルであるが、右折車線が無い交差点では先に時差非作動側の信号が黄から赤になり(この時、時差作動側は青)、非作動側が赤になった後作動側は黄から赤に変わるが、作動側は黄の状態で全方向の矢印が点灯しその後赤で引き続き全方向矢印が点灯する方式が見られる。なお、この方式は大阪府でも見られる。
    • 山梨県では青から黄色を省いて赤と全方向矢印を点灯させる方式が採用されていたが、先述の方式への変更が進み、現在ではほとんど見られなくなった。東京都内でも少数みられる。
    • 2000年代前半頃までは黄色とともに全方向の矢印を点灯させた後、黄色に戻さず赤のまま消灯するものが見られた。現在もごく一部に残っている。
  • 右折車線専用の信号機を設置する方法。対向車線の信号が赤になった際、専用信号機が青になる。専用信号機には「右折専用」などの表示板が設置されている。
 
時差式信号機(青表示+右折矢印表示)(新潟県)
  • 青信号のまま右矢印信号を表示させる(新潟県、大阪府、高知県沖縄県等の一部の例。ただし、近年は誤認・事故防止のために他県と同様に黄→赤とともに全方向の矢印を表示するタイプに切り替えられるか、矢印灯器が撤去されるケースが増えている)。

脚注編集

[脚注の使い方]