メインメニューを開く

最上 満氏(もがみ みつうじ)は、出羽国戦国大名羽州探題最上氏の第7代当主。

 
最上満氏
時代 室町時代中期 - 戦国時代
生誕 文安3年(1446年)?
死没 明応3年7月14日[1]1494年8月14日
改名 中野満氏→最上満氏
別名 九郎五郎(通称)
戒名 国盛寺殿月心峯光[1]大居士
官位 治部大輔[1]
幕府 室町幕府羽州探題
氏族 出羽中野氏最上氏
父母 父:中野満基[1]、養父:最上義秋
兄弟 満氏中野義守
義淳、上山下野守妻[2]、八沼左馬妻[2]

出羽中野氏の初代当主で中野城主、中野満基の子(最上義秋の子ともされる)に生まれたが、宗家の従兄・義秋に子がなかったため、文明11年(1479年)に最上氏を継いだ。

文明11年(1479年)及び翌文明12年(1480年)に、伊達成宗配下の桑折播磨守が寒河江氏を攻めるが、敗北し討ち死にする(菖蒲沼の戦い)。播磨守の子息は満氏を介して戦場の見える慈恩寺山中に松蔵寺を建立して供養したという[3]

明応3年(1494年)に死去。なお生年には諸説ある。

脚注編集

  1. ^ a b c d 鈴木真年原蔵謄写本『最上家譜』
  2. ^ a b 内閣記録課原蔵謄写本『系図纂要』
  3. ^ 「松蔵寺幹縁疏」『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』p.308-310

参考文献編集