メインメニューを開く
米探査機クレメンタインが撮影した月の裏

月の裏(つきのうら)は、の、地球とは反対側の半球である。月は自転公転同期し常に地球に同じ側を向けているため、地球から見て「表と裏」の区別がある。

目次

月の裏の観測編集

月の裏の大部分は、地球からまったく見ることができない。1959年ソビエト連邦月探査機ルナ3号が初めて観測した。なお、月の裏の目立つ地形は、この計画に関わったソ連の天文学者により命名されたため、ツィオルコフスキーモスクワの海などソ連にちなんだものが多く、フォン・カルマン・クレーター英語版のようなアメリカ合衆国にちなむものは少ない。

裏の大部分は見ることができないが、正確には

  • 月の公転軌道が円軌道ではなく離心率0.0549の楕円軌道なので公転角速度が変動する。
    (公転速度は近地点で速く、遠地点で遅い。このため近地点では自転が相対的に遅れて進行方向の後ろ側が余計に見え、遠地点では逆になる。)
  • 月の公転軸と自転軸が6.7°ずれている。
    (このため月の南北側のうち、地球側に向いている側が少し多く見える。)
  • 観測者が地球の中心からずれていることによる地心視差
    (北極や南極近くではそれぞれ月の北や南側、月の出始めは西、沈む時は東が多く見える。)
  • 月が完全な回転対称の物体でないことにより自転速度が変動する
    (月の地球側が少し膨らんでいるので、最初の公転速度変化で起きる見た目の秤動ではなく本当にわずかに揺れている。)

ことにより、秤動が発生し、裏でも表に近い部分は見ることができる。 見ることができるのは全月面の約59%、言い換えれば(表の100%と)裏の18%である。[1]

しかし、角度が水平に近く、期間も限られているため、観測条件は悪い。

月の裏の探査編集

2019年1月3日、中国嫦娥4号が人類史上初の月の裏への着陸に成功した[2][3]。着陸地点はフォン・カルマン・クレーターとされる[4]

月の裏の特徴編集

大きなが多数分布する表に対し、裏は海がほとんどない。海の割合は、表30%、裏2%である。また、裏は表よりも高低の起伏が激しく、月での最高点 (10.075km) も、南極エイトケン盆地にある最低点 (-9.06km) も、裏にある。さらに地殻がやや厚い。表は60km、裏は68kmである。

月以外の裏と表編集

ほぼ全ての衛星と、おそらくは太陽系外惑星ホット・ジュピターも、自転と公転の周期が等しく、表と裏の区別が存在する。ちなみに自転周期と公転周期が同じでなくても有理数比であれば、例えば水星のように、太陽に長時間向いている半球と短時間しか向かない半球が出来ることがある。

フィクション作品における月の裏側編集

上述のように月の裏は地球からの観測が困難であったため、さまざまなフィクション作品の題材にもなっている。1608年ヨハネス・ケプラーは『』という小説を執筆しているが、この小説には「プリヴォルヴァ」と呼ばれる月の裏側半球の世界と、その世界の住人を描いている[5]

「月の裏側にはUFOの基地、地球外知的生命体の基地がある」といった都市伝説はよく知られている[6][7][8]

脚注・出典編集

  1. ^ 小尾信彌 執筆「月の自転」『原色現代科学大事典 1―宇宙』小尾信彌 代表、株式会社学習研究社、1968年初版・1969年再版、P235-236。
  2. ^ 【解説】史上初、月の裏に着陸成功のインパクト”. 日経BP (2019年1月7日). 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ 月裏側の探査はほんの始まり 中国が宇宙にかける野望”. CNN (2019年1月6日). 2019年1月10日閲覧。
  4. ^ 中国、月の裏側に着陸 何をしようとしているのか”. BBC (2019年1月4日). 2019年1月10日閲覧。
  5. ^ 小野雅裕 「偉大なる降格」『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八』 コルク、2018年ISBN 9784797388503
  6. ^ 野村カイリ 「月世界」『ストーリー世界の作り方』 新紀元社2014年ISBN 9784775312698
  7. ^ 宇宙科学探究倶楽部 『月の謎と不思議がわかる本: もっとも身近な天体の真実に迫る!』 学研パブリッシング2010年、201頁。ISBN 9784054044920
  8. ^ 並木伸一郎 『月の都市伝説』 学研プラス2016年、46頁。ISBN 9784059159285

関連項目編集

外部リンク編集