メインメニューを開く

有栖川宮韶仁親王

日本の江戸時代の皇族
有栖川宮韶仁親王

有栖川宮韶仁親王(ありすがわのみやつなひとしんのう 天明4年12月19日1785年1月29日) - 弘化2年2月28日1845年4月4日))は、江戸時代皇族有栖川宮第7代当主。

生涯編集

父は織仁親王。母は家女房。幼名は若宮。妹に楽宮喬子女王登美宮吉子女王がいる。徳川慶喜の母方の伯父にあたる。

文化4年(1807年)12月に光格天皇猶子となり、翌文化5年(1808年)3月に親王宣下。同年5月元服し、三品に叙され、上総太守となる。文化9年(1812年)2月、父・織仁親王の落飾により有栖川宮を相続し、中務卿となった。文政5年(1822年)3月、二品。弘化2年薨去。死に際して一品に叙された。

家系編集

参考文献編集

  • 『新修有栖川宮系譜:高松宮藏版』(高松宮編修掛、1940年)

脚注編集

  1. ^ 『三川雑記』(山田三川著)p.393によると当初徳川家慶の養女となって入内するという話があったが朝廷から断られ、その後彦根藩主井伊家加賀藩前田家への話も持ち上がったが両方とも断られ、有馬家に押しつけられたという。