有賀祥隆

有賀 祥隆(ありが よしたか、1940年11月6日[1]- )は、日本の仏教美術史学者、東北大学名誉教授。

岐阜県土岐市生まれ。1963年東北大学文学部東洋芸術史科卒業、助手(~1965年)。1967年7月文化財保護委員会事務局美術工芸課文部技官、1979年奈良国立博物館学芸課普及室長、82年同仏教美術資料研究センター資料管理研究室長、1987年文化庁文化財保護部美術工芸課文化財調査官、89年同主任文化財調査官、1990年東北大学文学部教授、2004年定年退官、名誉教授。東京芸術大学客員教授。1999-2001年美術史学会代表委員[2]

目次

著書編集

  • 『仏画の鑑賞基礎知識』至文堂 1991

編纂編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 略歴

外部リンク編集