望月玉蟾 (8代目)

日本の絵師

8代目 望月 玉蟾(はちだいめ もちづき ぎょくせん)は、日本絵師である。江戸中期の日本画家望月玉蟾の子孫にあたる。

経歴編集

元禄5年より京都において漆芸大和絵(宮中の御用絵師)を生業としてきた本家望月家の八代目(ぎょくせん)として生を受けた。本名は望月重宏。 2002年桑沢デザイン研究所を卒業後、プロダクトデザイン事務所に勤務の傍、7代目望月玉船に師事した。2005年に総合デザイン事務所プライマリースタイルを設立し、2008年に株式会社プライマリースタイルに法人化[1]をし、代表取締役に就任。京都市立芸術大学(非常勤講師)を経て、京都精華大学(非常勤講師)に勤務する[2]2017年に京都市立芸術大学プロダクト・デザイン領域において博士号を取得した。同年、八代目望月玉蟾を襲名する。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

関連項目編集