呉 日晶(呉 日正、オ・イルチョン、朝鮮語: 오일정1954年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国軍人政治家朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮労働党中央軍事委員会委員、党中央委員会軍政指導部長。朝鮮労働党軍事部長、朝鮮労働党組織指導部副部長、労農赤衛隊司令官などを歴任。朝鮮人民軍における軍事称号(階級)は大将。父は「パルチザン第一世代」の呉振宇人民武力部長で、日晶は「パルチザン2世」にあたる[1]

呉日晶
오일정
生年月日 1954年
出生地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国平壌市
出身校 金日成総合大学
金日成軍事総合大学
所属政党 朝鮮労働党の旗朝鮮労働党

当選回数 1回
在任期間 2014年3月9日 - 2019年3月10日
元首 金正恩2011年 - )

在任期間 2021年1月11日 -
総書記 金正恩2021年 - )
在任期間 2021年1月11日 -
総書記 金正恩2021年 - )

在任期間 2021年1月11日 -
委員長 金正恩2012年 - )

在任期間 2021年1月11日 -
総書記 金正恩2021年 - )

その他の職歴
朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党中央委員会委員
2019年4月10日 - 2016年5月9日
2020年12月31日 - )
テンプレートを表示
呉日晶
各種表記
ハングル 오일정
漢字 呉日正
発音 オ・イルチョン
英語表記: O Il-jong
テンプレートを表示

経歴編集

1954年平壌市で、抗日パルチザンであり、人民武力部長などを歴任した呉振宇の息子に生まれた。金日成総合大学金日成軍事総合大学を卒業した。ただ、金平一南山学校金日成総合大学の同窓生だったため、重用されることは無いとの見方が強かった。軍では主に対外業務を担当していたのだが、1992年に少将、2010年9月に中将に昇進し、朝鮮労働党第3回党代表者会で朝鮮労働党中央委員会委員、党軍事部長に選出された[2]2011年に上将に昇進し[3]労農赤衛隊司令官に就任した。2014年最高人民会議第13期代議員に選出された。2015年10月ごろから金正恩第一書記に同行することが多くなり、同じくパルチザン2世の崔龍海とともに存在感が高まった[1]。しかし、同年12月には少将に2階級降格され、部長職も解任された可能性があるという[4][5]2018年には朝鮮労働党組織指導部副部長に就任した。2019年12月に開催された朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会で、朝鮮労働党中央委員会部長に任命された[6]

2021年1月5日から開催された朝鮮労働党第8次大会で中央委員会委員に再選され[7]1月10日に開催された党中央委員会第8期第1回総会で朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮労働党中央軍事委員会委員、党軍政指導部長に選出された[8]

2022年4月14日、金正恩党中央軍事委員長の命令により、大将に昇格した[9]

脚注編集

  1. ^ a b 北朝鮮権力層に変化 存在感を強める「パルチザン2世」たち デイリーNK 2015年1月16日
  2. ^ 党代表者会を通じ大々的な人事改変 デイリーNK 2010年9月29日
  3. ^ 金正日が太陽節を迎え軍の昇進人事を断行 デイリーNK 2011年4月13日
  4. ^ 金正恩氏「パルチザン2世」をけん制か…相次ぐ降格 デイリーNK 2016年8月8日
  5. ^ パルチザン一族にも触れた金正恩委員長…元人民武力部長の息子3人解任 中央日報 2017年1月25日
  6. ^ 「世界は新たな戦略兵器を目撃する」金正恩氏、党総会で宣言 デイリーNK 2020年1月1日
  7. ^ 북, 8차 당대회서 김정은 위원장 당 총비서로 추대 統一ニュース 2021年1月11日
  8. ^ 북, 당 정치국·비서 등 선출..규율 전담 당 중앙검사위도 (명단) 統一ニュース 2021年1月11日
  9. ^ 朝鮮中央通信 | 記事 | 党中央軍事委委員長が指揮メンバーの軍事称号を上げることを命令”. www.kcna.kp. 2022年4月15日閲覧。