メインメニューを開く

木場車両検修場(きばしゃりょうけんしゅうじょう)は、東京都江東区にある東京都交通局都営地下鉄)の車両基地である。大江戸線の車両が所属している。車両基地自体は東京都が保有する木場公園の地下に設けられている。木場公園を出た南側には東京都交通局木場庁舎も併設され、大江戸線の中枢部としての機能を有する。

清澄白河駅から入出区線が通じている。

なお、開業時から運用している高松車庫(高松庁舎)についてもここで記述する。両車庫とも建設コスト、工期、車両運用の効率性などを勘案して地下二層構造になっている。

概要編集

2000年(平成12年)4月1日に、同年12月の全線開業を前提として発足した基地である。これまで運用していた光が丘車両検修場を本検修場に組織統合し、本格的な車両検修場として活用している。なお、高松車庫と識別のため、交通局の資料では木場車両検修場(木場車庫)と書かれている。当初はこの検修場に全般検査・重要部検査のできる工場施設も計画されていた。しかし、建設費用が1兆円を超えることなどから中止となり、同時期に工場設備の建て替えを予定していた馬込車両検修場に集約することになった。このため、軌間が同じ1,435mmの大江戸線汐留駅から浅草線新橋駅-大門駅との間に連絡線(汐留連絡線)を新設し、浅草線の馬込車両検修場において大規模な検査・整備を行うこととなった。なお、浅草線内では大江戸線の車両が自走できないことから、E5000形電気機関車の牽引で回送される。この連絡線は2006年4月頃に完成し、それまで光が丘検車場で実施していた全重検作業は馬込で実施されている。

毎年夏にははとバスの日帰りツアーのひとつに木場車両検修場の見学が組み込まれ、この際には地下の車両基地に入ることができる。

なお、車両搬入は江東区内にあった小名木川駅まで甲種輸送が行われたことがあるが、2000年12月に同駅は廃止された。

廃止された小名木川駅に代わり、2013年に大江戸線増発目的で増備された12-600形に始まる甲種輸送が根岸線根岸駅を介して神奈川臨海鉄道横浜本牧駅まで甲種輸送された。なお、この輸送は経年化した12-000形初期塗装車の置き換えで2016年現在でも行われている。

車庫内は地下2層構造となっている。

  • 地下1階部に留置線が8本、月検査線(ピット構造)2本、列検線8本などがある。
  • 地下2階部に留置線が17本、洗浄線が4本、車輪転削線がある。留置能力は上下合わせて8両編成39本である。

高松車庫(高松庁舎)編集

1991年(平成3年)の光が丘-練馬間の部分開業を控えた1990年(平成2年)10月1日光が丘検修所として発足。その後、新宿駅延伸開業を控えた1997年(平成9年)7月16日には光が丘車両検修場として格上げ、前述した通り2000年(平成12年)4月1日には木場車両検修場に組織統合された。なお、後の交通局の資料では木場車両検修場(高松車庫)と書かれている。

当初、新車搬入も当基地で行っていた。新宿延伸以降は、当面必要となる車両が出揃ったことから、全線開業に備え搬入が木場に移り始めた。汐留連絡線の完成までは本車庫で重要部検査・全般検査を施工していた。

光が丘駅から入出区線が通じている。

車庫内は木場車両検修場同様に地下2層構造となっている。

  • 地下1階部に留置線が3本、月検査線(ピット構造)2本、全重検線(現在不使用)などがある。
  • 地下2階部に留置線が9本、洗浄線が2本、車輪転削線がある。留置能力は上下合わせて8両編成16本である。
  • 重要部検査・全般検査を施工していたことから、構内での検修車両の入換用としてトモエ電機工業(現・新トモエ電機工業)製の15t車両移動機(蓄電池機関車に相当。無車籍で機械扱い)も配置されていた[1]

車両修繕計画編集

都営地下鉄の方針上、新造後10年を経過した車両についてはC修繕を行われることとなるが、12-000形の初期車両がすでに15年が経過したため施工対象車となっていたものの、全地下型の車両基地という事情から施行できなかった。しかし、前述した汐留連絡線の完成により、馬込車両検修場で施工が開始されている。

また、2006年都営フェスタでは連絡線が完成された直後ということもあり、E5000形機関車とともに12-000形が初めて地上に現れたことでも注目を集めた。

脚注編集

  1. ^ せんろ商会 『知られざる鉄道Ⅱ』 JTBパブリッシング、2003年、P.78。

関連項目編集