本城 太華(ほんじょう たいか)は、江戸時代後期の徳山藩士、儒学者。徳山藩の藩校鳴鳳館で初代教授を務めた本城紫巌の長男で、太華も鳴鳳館の第4代教授を務める。家格は馬廻、禄高は50石。

 
本城太華
HonjoTaika.jpg
本城太華肖像(棟居五石筆)
時代 江戸時代後期
生誕 安永4年4月23日1775年5月22日
死没 弘化元年10月29日1844年12月8日
別名 :訥、信光
通称:一郎、栄蔵
:伯毅
:太華、太仲
墓所 大成寺山口県周南市舞車町)
主君 毛利就馴広鎮元蕃
周防徳山藩
氏族 藤原姓本城氏
父母 父:本城紫巌、母:磯部三左衛門の娘
兄弟 シゲ江村忠韶室)、太華
寿美浅見巣雲の四女)
祐吉
養子:
テンプレートを表示

生涯編集

安永4年(1775年4月23日徳山藩士・本城紫巌の長男として生まれる。太華の生まれた本城家本城常光の流れをくむ。

寛政12年(1800年)、肥後国に遊学して熊本藩高本紫溟の門下に入る。翌享和元年(1801年)には福岡藩亀井南冥に師事し、享和2年(1802年)に徳山へ帰った。

享和3年(1803年10月4日に父・紫巌が死去すると家督を相続し、徳山藩の藩校鳴鳳館句読師助訓導役に就任した。

文化3年(1806年)に江戸に勤め、文化4年(1807年)5月に帰国し、7月1日訓導役に就任。文政3年(1820年)には助教に進んだ。

天保3年(1832年)に世子・毛利広篤(後の元蕃)侍読となって元蕃の信頼を得、天保8年(1837年)に元蕃が藩主となって以後は大いに優遇された。また、天保5年(1834年)には死去した長沼采石の後任として、鳴鳳館の第4代教授役座取計に就任し、天保14年(1843年)12月まで務めた。太華は天性闊達・至誠にして、その学問は経詩に渡り、最も詩に長じた。また、40年間に渡って藩校に勤めて教学の刷新に力を注ぎ、後進の育成に努めて門下生から敬愛された。

弘化元年(1844年10月29日、遺稿十数種を遺して死去。享年70。長男のは文政2年(1819年)に6歳で、次男の祐吉は天保7年(1836年)に19歳で死去していたため、姉のシゲと徳山藩士・江村正韶の次男であるが家督を相続した。

参考文献編集